カメラ借りてUSJへ

今日は久しぶりの旅行。と思ったが、先月も日帰り旅行したわ。それはともかく、今日はUSJへ行く。が、一番の目的はカメラのレンタルだ。

今使っているフルサイズセンサーのカメラよりも、ひとまわりセンサーサイズが大きい中判カメラを格安で富士フィルムが貸してくれるサービスを見つけた。カメラレンタルのサービスはいろいろあるが、いいカメラになると、どれも1泊2日で3万とかそれくらいかかる。しかし、富士フィルムのレンタルはなんと1泊2日1,500円だ。レンズ込みでも4,500円と破格。これは使わない手はない。

で、大阪行くならついでにUSJへ行こうということで、USJに行くことになった。

まずはカメラを借りに富士フィルムへ。何日か前にレンタルの予約をしていたので、名前を言うだけだった。しかし、ここで思わぬ展開が。今回、GFX100Sといういっちゃん高いやつを予約した。ウェブサイトを見ながら予約したのだが、この機種は1日レンタルのみで1泊2日はできないと書かれていた。でも、予約する時に確認すると、1泊2日オッケーですと言われたので、1泊2日で予約した。

で、当日カウンターに座っていきなり「大変申し訳ないのですが、案内に誤りがございまして、、、」と言われる。何かな?多分当日レンタルしかできんって言われるんだろうなと思っていたら、まさにそれだった。でも、今回は案内に誤りがあったので特別に1泊2日でレンタルしていただけますとのこと。やったぜ。しかも料金据え置きだったからかなり美味しい。本番禁止の風俗で本番できた時くらい嬉しかった(笑)

ワクワクしながらカメラを受け取る。さすがレンズと合わせて100マン越え、ずっしり重い。といっても、前使っていたCanonの5Dmark3+24-70mmF2.8と同じくらいの重量。持ち歩きもなんとかできるなって感じ。

でかいカメラを携えて、いざUSJへ。でも、無事遊べるかどうかとても心配だった。奥さんが得意の体調を崩していたからだ。

ここ1年か2年か、どこか遠出をするというと毎日朝と夜とが入れ替わるのと同じくらいの確率で体調を崩す。前の日にはなんともなかったとしても、当日になると体調を崩してくれる。

これがめちゃくちゃしんどい。気を遣うし、何よりも十分楽しめない。今回もそんなふうに思いながら家を出発したが、こう思い直した。「待てよ。気を遣うのも使わないのも自由だ。遣いたくなければ遣わなければいい。楽しむのも楽しまないのも、周りの環境がどうであれ、自分が楽しみたいなら楽しめばいい、それだけだ。」

そう思ってからは、結構気が楽になった。

で、USJ到着。USJ、USJの駐車場に止めると、駐車場から入り口まで地球1周分くらいの距離を歩く必要がある。だから、今日泊まるホテルに先に車を止めて、そこから歩いた。これなら歩いて5分で着く。

いつもなら、奥さんの体調や機嫌にだいぶ注意を払うが、それをほとんどしなかった。したくなかったし、しなくていいだろうと思ったからだ。そうすると、奥さんが自分で努力したのかは知らないが、まぁまぁ遊べたように思う。心配していた、体調悪くて全然遊べないみたいなことはなかった。よかったよかった。

今回の目当てはマリオ。それから、前回やって息子が大ハマりしていたミニオンのアトラクション。

マリオは入場に整理券が必要で、指定した時間に入るよう指示される。その時間に入れば、何時間いても構わない。USJに入ってすぐ、マリオの整理券を取りに行った。入場したのが12時前、整理券を見ると13時〜14時までの入場と書かれていた。なので、先にミニオンへ向かう。

めちゃくちゃいい天気で、ゲロ暑かった。マリオの整理券を取った後で奥さんが「二度と暑い時に来るって言わんといてよ。」と言っていたが、それだったら行く前に言えよと思ってイラッとした。今日突然行くって言いだしたんちゃうやろと。イク時はイクって言わんと。

ミニオンに到着したが、待ち時間が50分。今からアトラクション待ってたら、マリオの入場に間に合わんくなってしまうと思ったので、後回しにした。この時は、13時から14時までしかマリオのエリアにいられないと思ってたからの判断だった。

ちょっと歩いてお店に入って涼んで、ちょっと歩いてお店に入ってを繰り返す。虫や爬虫類好きな娘が、ジュラシックパークのお店を気に入って、長めに滞在。その後、ジョーズのあたりで飲み物を飲んで、いざマリオエリアへ。

USJに入った時、あんまり人がいないように見えたから「あんまり人おらんくてよかったわ〜。さすが平日や。」と話していた。が、それはマリオエリア以外のことだった。いざマリオのエリアに入ると、ぶわぁぁぁぁ!っと、砂糖に群がる蟻くらい人がいた。

息子が「マリオカートしたい!」と言っていたが、まさかの70分待ち。昼飯食ってない状態で70分も待つのは死ぬだろうと思ったので、先に飯を食うことに。飯食うところにも入るのに1時間待ち・・・

しかも、あんなに晴れてたのに雷雨に。雷が鳴っている間は、屋根のあるところに避難してください〜という指示が入り、行列街とは全く関係ない雷止み待ちを食らうことに。

1時間少し待ってやっと入店。ヤクザな値段の料理を頼む。私はハンバーグ、奥さんと息子はハンバーガー、娘はお子様セット的なものを。ハンバーグ、甲羅をイメージしたパイは美味しかったけど、肝心のハンバーグがまずい。ハンバーグを不味いと思ったのは生まれて初めてでした。ハンバーガーは美味しかった。

食べ終わった後、今更ながら公式アプリをダウンロードし、アトラクションの待ち時間を調べる。すると、ヨッシーが10分となっていたのと、娘が乗りたいと言っていたのでヨッシーへ。

乗り場までの道すがら、ヨッシーストーリーやヨッシーアイランドの世界観が見事に再現されていて、すごいなぁと感じる。物凄く細かくて、本当にその世界にいるかのような錯覚を覚えてしまうほどだった。

アトラクション自体は、ヨッシー型のゴンドラがレールの上を進むだけだが、ニンテンドーワールドを一望できていい感じだった。

続いてマリオカートへ。待ち時間が50分と減っていたので、「今や!」と掛け声をかけ、気合を入れて並ぶ。待ち時間50分となっていたが、以外にもスイスイ進んで、トータル20分くらいの待ち時間で乗れた。こちらもアトラクションまでの道中、クッパ城が本当に素晴らしい出来だった。めちゃくちゃ細かい。本棚の本のタイトルまできちんと考えられているのには驚愕した。

アトラクションは正直微妙な感じだったが、マリオの世界に入れるという体験自体が楽しかった。

子供たちはパワーアップバンドというバンドをつけ、ハテナブロックを楽しそうに叩いてた。このバンド、一つ1,000円くらいだろうと思っていたが、まさかの3,000円でおしっこちびりそうになった。

結局ニンテンドーワールドで3時間か4時間くらい滞在した。息子も娘も楽しそうだった。娘はあんだけUSJ行くの嫌だと言ってたのに、また来たい!って言ってた。まぁ、楽しかったんならよかった。

その後、マリオのお土産買って、ミニオンのアトラクションに乗って、ホテルへ。

ホテル到着したのは18時半くらい。12時ごろに着いたから4時間半くらい遊んだんか。遊んだって言っても、大半歩いたり立って待ったりやったけど。

ホテル到着したのは18時半くらい。12時ごろに着いたから4時間半くらい遊んだんか。遊んだって言っても、大半歩いたり立って待ったりやったけど。

晩御飯はホテルそばにあるユニバーサルウォークにあるレストラン等で食べることにした。ただ、みんな疲れたので休憩して向かうことに。お風呂に入って20時過ぎ、たこ焼きのお店がいっぱいあるのでそこに向かうと、全部閉まってる。「は?サイトで書くにしたら22時とか23時までって書いてたのに!」と思って、他の店を見てみても全部閉まってる。どうやら、コロナのせいで20時に全部閉めないといけないようだった。大阪では常識すぎるのか、ウェブサイトには書かれてなかった。いや、それくらい書いといてほしかったわ。

しゃあないので、唯一空いているコンビニでご飯を買って、侘しくホテルでコンビニ飯を食らうハメに。

途中しんどそうな場面もあったけど、奥さんの体調もそこまで悪くなることもなかったし、お目当てのものは全部見られたし食べられたし、いい1日になったなぁと感じた。

※内容が矛盾していると感じた場合は、新しい日付の記事を採用してください。

おすすめ記事

最近の投稿

Photo Gallery

私が撮影した美しい写真がたくさんあります。ぜひ観ていってください。癒されますよ。

ギャラリーを見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。