イラついたり不安になったりすることが起こる2つの理由とは?

幸せでありたい。穏やかでいたい。というのはあなたを含め、すべての人の望みだと思います。
しかし、普通に生活していたらイラつくことや不安になることが多々起こるでしょう。なぜこんなことが起こるのでしょうか?

その理由のひとつ目は、その経験を通して気持ちを得るためです。人間はあらゆる経験を通して気持ち、感情を感じるために生きています。何の気持ちも出てこない、感情も感じない、そんな人生は無味乾燥すぎておもしろくありませんね。ジェットコースターがアップダウンもなくずっと平坦であれば何の面白さもありません。それと同じです。

ということで、イラつくことや不安になることが起こるのは、その経験を通して気持ちや感情を得なさいということです。にもかかわらず、私たちはイラつきや不安などを「ネガティブなもの」とレッテルを貼ってしまい、感じないようにふたをしてしまいがちです。そんなことをしてしまうから、その感情を得るためにさらにイラつくことや不安になることが起こるのです。

これからイれようとしているのに「やっぱりイヤ」なんて言われたら、なんとしてでもイれようとするでしょう?(笑)

イラついたり不安になったりする出来事の目的は、イラついたり不安になったりすることです。イラつきも不安もそのまま感じておけば1分もしないうちに消えていきます。目的達成です。これを繰り返していると、同じようなは起きなくなります。何度も続けて同じアトラクションに乗りたいと思わないのと同じです。

二つ目の理由は、いらない価値観、考え方に気づくためです。以前の記事にも書きましたが、あらゆる出来事に意味はありません。意味が無い出来事に対してイラついたり不安になったりするということは、イラつきや不安を引き起こしているのは自分の価値観や考え方しかないということになります。

その価値観、考え方に気づき、必要でなければ手放すかどうか選ぶために、イラついたり不安になったりするような出来事が起こっています。

そうして一歩ずつ出来事に振り回されるのではなく、幸せである時間、穏やかである時間を長くできるように、イラついたり不安になったりすることが起こっているということです。

あれ、ということは幸せでありたい、穏やかでありたいという望みの実現を助けるためにイラついたり不安になったりしているということですね。な〜んだ、結局あなたの思い通りじゃないですか。

こういう視点を持つと、イラつくことや不安になることにも感謝できるようになりますね。もちろん、感謝するのはイラついたあとでいいと思います。
P.S 「中川優也巨額納税応援企画」として、3月21日まで相談料半額でマイホーム購入相談、家を買ったあとの人は自由になって生きるためのアドバイスを受け付けています。

マイホーム相談の詳細はこちら

自由になって生きるためのアドバイスはこちら

※内容が矛盾していると感じた場合は、新しい日付の記事を採用してください。

おすすめ記事

最近の投稿

Photo Gallery

私が撮影した美しい写真がたくさんあります。ぜひ観ていってください。癒されますよ。

ギャラリーを見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。