わずか5分10分で別の現実を経験した話

「は?え?」
奥さんの言葉を2度聞き直しました。
5分10分前には考えられないようなことが起こったからです。

コストコに子どもが遊ぶ用の大きな遊具があるんですよ。
↓↓こんなやつ


前々から買おうかな〜どうしようかな〜と思ってたものなんですが、2ヶ月くらい前に「よし!買おう!」と決めたときには在庫がなくなってたんです。

「あ〜、売り切れるってことは縁が無かったってことやな〜。」と思って忘れていました。

先日、奥さんが急に「コストコの遊具、再販売始めたって!」といって何処かのブログサイトを見せてくれました。

「お、再販売するって事はやっぱり買えって事やな!」と思って(適当(笑)今度こそ買うことにしました。

私の家から一番近いコストコまで車で1時間ほど。お店まで行って在庫がなかったというのはしんどいので在庫を確認してから向かうことにします。
その日の朝、「そちらに子供用の大型遊具の在庫はありますか?」と電話で尋ねます。すると「あ、○○のことですね?こちらは現在在庫があります。」と丁寧に対応してくれました。

それが10時で、その日は娘の幼稚園が1時に終わるので、コストコを往復していると結構バタバタします。そこで、子どもを迎えに行った後で行くことにしました。家を出たのが3時前、途中充電休憩を挟みながらコストコへ向かい、着いたのが16時10分くらい。

お店の中に入って、大型遊具を探します。
「あ、あった!」少し速歩きで大型遊具に近づき、奥さんに係員さんを呼んでもらいます。係員さんがやってきたので「これ買いたいんです。」というと「あ〜!すいません、、、今さっき売れたんです〜!」

「Oh!Fuck!!」
「朝まであったのに、しかも、こんなバカデカいもんが店に来る数時間の間に売れた、しかもしかも在庫一個しかおいてなかったんかい!!」
いろんな声が頭の中にやってきます。「え〜!朝まであったのに」など一部は口から漏れました。

最近はすることなすことあまりうまくいかないので、今回もそのパターンだろうと思いました。私のことを馬鹿にするふざけたストーリーに対して怒りを覚えている私という主人公を眺めていました。

「なんでこんなことが起こるんじゃ!クソが!」という声がやってきましたが、そんなことはわかっています。その「怒り」と名前がつけられる感情を味わうためです。

「あ〜、はいはい。」と思いながら出てくる感情をそのままにしながら、店内をうろついて商品を眺めたり、ソファに座ったりしていました。

すると5分後〜10分後、奥さんが走りながらやってきて「遊具あったって!」と私に言いました。「は?え?」私は本当にそう反応しました。

5分〜10分前には在庫を確認して「ない」って言ってた物が今は「ある」と言っています。不思議じゃありませんか?しかも、きちんと辻褄が合うようになっているんです。店員さんは「よく探したらありました。」と言っていました。

きちんと探してなかったからあるものを無いと言っていただけなのか、それとも5分や10分の間に「ない」シナリオから「ある」シナリオへ変わったのかはわかりませんし、証明することはできません。でも、コストコみたいに大きな企業だと在庫なんてきちんとデータで管理していると思うんですよね。

なので、私は「ない」シナリオから「ある」シナリオへ変わったんじゃないかな〜と思っています。まぁ、欲しい物が手に入ったからどっちでもいいんですけど。

こんな感じで、起こる事がすぐさま変わることだってあります。今さっきまで入っていなかったようなお金が財布や口座の中に入ることだってあり得るわけです。人生なんて映画、つまりフィクション、作り物だからどんな表現でもOKな訳です。ただ、あなたが「そんなことは絶対にあり得ない」と思えばあり得ないことになりますけどね。なんだってあなたの思い通りですよ。

ちなみに、私は在庫がないと言われてから、引き寄せの法則を発動させるために、大型遊具を買って帰るところをイメージしたりとか、無理矢理明るい気分でいるようなことは面倒臭いことはしていません。

ただ、湧き上がる感情をそのままにして、そこにいただけです。その時に頭の中に浮かんできてたのは「Fuck!」以外には「あ〜、はいはい。こういうシナリオなのね。」だけです。執着ナッシングでした。「ないんなら、買う必要がなかったんだろう。」位の感じでした。浮いたお金でディズニーランドでも行けばいいかくらいに思ってました。

最近はこんな感じです。
何かを起こそうとせず「こんなことが起これば良いな〜。」と思うことはありますけど、すぐ忘れてしまいます。それよりも「これからどんなことが起こるのかな〜。」という楽しみの方が大きいですね。これからの人生についてです。

起こって欲しくない出来事、怖いと思うことがずいぶん減りました。以前は不安や怖れなどの感情やそれをもたらすであろう出来事を避けたいと思っていましたが、今はそれらの感情がやってきても「あ〜、キタキタ!」と楽しめるようになってきました。

何か起こる出来事や状況に劇的な変化があったわけではありません。でも、内面で経験することが劇的に変わりました。前よりもさらに楽に、そして穏やかに生きられるようになりましたね。

やはり「どうにでもなれ」「どっちでもいい」という態度は最強ですね。
P.S 以前は散々「私は早漏です!」って書いてきましたが、最近早漏も治った感じですね〜。これは劇的な変化ですね!(笑)

※内容が矛盾していると感じた場合は、新しい日付の記事を採用してください。

おすすめ記事

最近の投稿

Photo Gallery

私が撮影した美しい写真がたくさんあります。ぜひ観ていってください。癒されますよ。

ギャラリーを見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。