2020/04/09

やっぱり子どもは人生の先生だと思った2020/04/09

大人は幸せになるために何かを得たり学んだり、する必要があると信じてそうしています。

しかし、子どもはそんなことしなくてもすでに幸せそうです。

サイクリング再び

昨日のサイクリングが楽しかったのか、今日も「パパサイクリング行こう~!」と誘われたので行くことにしました。

移行と準備をしていると、奥さんも行くことになりました。昨日、公園に桜が満開だったと伝えると、桜をバックに犬の写真を撮ってほしいということでした。

でも、自転車は3台しかないので奥さんは車で公園で合流です。

犬の準備をしている間に、私と子ども二人は自転車で先に公園へ向かうことにしました。

犬の芸術的写真

う~ん、我ながらいい写真を撮れました。桜の花びらが一輪乗っているだけでかわいさがぐっとアップしますね。いい感じです。

あなたの犬の写真も撮影しますよ。詳しくは問い合わせフォームから。

今日も石柱アスレチック

子どもたちは今日も石柱アスレチックで遊んでいました。この公園に遊具は一つもありませんが、こうやって遊べるものを見つけて楽しそうに遊ぶのは才能ですね。

子どもみんなが持っている才能でしょうね。いつその才能を忘れてしまうのかなと疑問です。

大人は子どもにあれこれ教えなければと思いがちですが、教えられるのは大人の方だと思います。何かを教える目的が人生を幸せに生きるためなら、大人よりも子どもの方が幸せそうです。それなのに、大人の方が子どもに教えられることなんて、最低限守らないといけないルールくらいのものじゃないかと思います。

私は子どもたちからたくさんのことを今も学んでいます。

今日のメインイベント、自転車レース!

昨日も来た公園で、公園を1周ぐるっと回るレーストラックのようものがあるのです。昨日も息子に「自転車レースしよう!」と誘われていたんですが、しんどそうなので断っていました。

今日は思い切ってやることに。

いつも家の周りで自転車レースするときは息子が勝ちます。もう全然勝てないのです。

なので、最初から全力で行くことにしました。はじめリードしてたんですが、後で追いつかれるだろうと思って走ってたんですが、全然追いついてきません。

そのまま私がゴールイン!

しんどすぎてこの顔です
続いて息子がゴールイン!
負けると思ってなくてこの表情です

自転車争奪戦レース!

息子が自転車を降りていた時の隙を見計らって、娘が息子の自転車を奪って走り去るイタズラをしてました。

「待て~!」と追いかける息子。ゲラゲラ笑って逃げ去る娘。

息子は娘の小さい自転車に飛び乗り追いかけていました。息子が追いつくかなと思ったのですが、タイヤの大きさが全然違うのでスピードがあまり出ず、娘がそのまま逃げ切ってました。

娘は木登りが大好きです

すぐ近くの公園で過ごすだけで、こんなに楽しい時間を過ごすことができました。

そして、本当にいい人生でした。

最近の投稿

同じカテゴリの記事

こちらも読んでみませんか?