なぜ、あなたの願いは叶わなくなってしまうのか?

「おいおい、ちょっと待て待て。」
「早く、早く!!!」
私のすぐそばでだだをこねて飛びはねる息子を諭します。
「今してるからちょっと待ってな。」
そういうと、息子はおとなしくなって待つようになりました。

先日、PS4Proを買ったんです。
特に「このゲームやりたい!」というゲームはなかったんですが、なんとなく欲しくなったので買いました。そのうちなぜ欲しくなったかわかるときが来るでしょう。

で、せっかく買ったのにゲームソフトがないのもなんだかな〜と思い、息子がやりたいと言っているレースゲームを買うことにしました。

ディスクを入れ替えたりするのが面倒なので、オンラインで買ってダウンロードします。やりたいというゲームを選んでもらい、購入してダウンロードします。高画質な分、ゲームの容量もかなり多いんですね。AV10本分くらいのデータ量があり、ダウンロードに1時間くらいかかります。

息子はすぐできると思ったのでしょう。そのため「早くしてくれ早くしてくれ!」とだだをこねていました。
そこで、ダウンロードしている画面を指さし、ダウンロードが完了したらできるようになることを説明すると納得しておとなしくなりました。

この様子は、私たちが自分の望む状態を実現するまでに起こることと似ています。あなたにも何らかの願望があると思います。「もっとお金が欲しい。」
「やりがいのある仕事をしたい。」「家が欲しい。」「あの車が欲しい。」などなど、たくさんあると思います。

それらが、今この瞬間に実現するなら素晴らしいことだと思います。しかし、間違いなく実現はするものの時間がかかる仕組みになっています。なぜ時間がかかる仕組みになっているかというと、思ったことがすぐ実現してしまうとあなたの生活はとてもカオスになるからです。たとえば、朝ご飯にパンとご飯、と思った瞬間どちらも出てくるのです。否定型は処理できませんから「いらない」という願望は実現されません。そうならないように、願望が実現するまでには時間がかかる仕組みになっています。

時間がかかるのは納得できると思いますが、ゲームのダウンロード画面のように今どれくらい進んでいるのかはわかりません。そこであなたはしびれを切らします。「本当に実現するのか?」と疑い出すのです。そうすると、疑いの方が実現に向かいます。つまり、本当に実現したいことはしないままということです。

あなたが願ったことは確実に実現しますが、それがいつ実現するかはわかりません。あなたにできることは、黙って待つことだけです。黙って待つことを助けてくれるのは、その願望をどうでもいいことに格下げしておくことです。どうでもいいことだと普段から気にせずに済みます。もしくは、頭の中に何も出てこない状態にしておくかですね。

ということで、一度願ったら信じて待ちましょう。

P.S 石原さとみとエッチしたいという私の願望はいつ実現するのでしょうか?(笑)

※内容が矛盾していると感じた場合は、新しい日付の記事を採用してください。

おすすめ記事

最近の投稿

Photo Gallery

私が撮影した美しい写真がたくさんあります。ぜひ観ていってください。癒されますよ。

ギャラリーを見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。