なかなかうまくいかない、お金が入って来ない原因はもしかしてこれ?

「・・・それ、自分のことかもしれない。」
その特徴や、そうなる状況を聞いたときに思いました。

あとで確認してみると、見事に自分にも当てはまっていることに気づきました。
「これが自分の足を引っ張ってきたのかもしれない・・・いや、きっとそうだ。」

先月くらいから奥さんの体調があまり良くなく、いろんな病気を繰り返し起こしていました。特に、私が県外に行く時などは精神的なストレスからか吐いたり、動けなくなったりということが起こっていました。

今度、私は北海道へ行きますし、来月には4泊で東京に行きます。
このままではそれに耐えられそうにないということで、その時だけでも症状を抑えるために薬をもらおうと、奥さんが心療内科を受診すると行ってきました。

車を運転するのも怖いということだったので連れて行きます。
待合室で奥さんが検査や診察をされているのを待っていました。すると「旦那さんもきてください。」と医師に呼ばれます。

「旦那さんの態度や行いが悪いから奥さんは精神的に参ってるんですよ!」と言ってキレられたらどうしようという思考が浮かびます。
引きつった顔で医師の前に座ります。隣には奥さんがいます。

開口一番医師が「奥さんはアダルトチルドレンです。」
奥さんが育った環境や体調が悪くなるときの状況その他からそういう診断になりました。
アダルトチルドレンとは機能不全家庭で育ち、心や体に障害を抱えた人のことを言うようです。機能不全家庭は、わかりやすく言うと両親がまともじゃないってことです。片親の家庭で育ったりした場合も当てはまることがよくあるようです。

主な特徴として(褒められこなかったので)人一倍「認められたい」「褒められたい」欲求が強いこと、「嫌われたくない」思いが強いこと、NOと言えない、「自分がしっかりしないと」という思いが強いこと、自己肯定感が低いこと、完璧主義、0か1かの極端な思考、安心できる居場所が見つからない、無価値観、存在していていいのかわからないというものがあるようです。

それから、結婚相手などにろくでなしを選ぶことが多いようです。女性であれば酒癖や女癖が悪い、借金グセがある、DVをするような男の人を結婚相手に選ぶ傾向が強いようです。その理由は、そういうダメ人間のそばにいて「この人は私がそばにいないとダメなんだ。」と思い、存在意義を確立するようです。

奥さんは医師に「あなたは珍しい。本当にいい旦那さんを見つけたね。」と言われたようです。私はそれを聞いて「そらそうだろ。日本でも有数のいい旦那やん。」と思っていましたが、「ちょっと待てよ・・・ろくでなしを捕まえたのは自分かもしれん!」という衝撃的なことに気がつきました。

まさに奥さんは「私がいないとダメ」な人です。
ということは、私の奥深くに眠っている「無価値観」「存在していていいのかわからない」という思い、思考、マインドが自分の存在意義を感じるために、自分がいないとダメな人を選んだということです。

奥さんの体調が悪いことについて、「自分のどこに原因があるんだろう。」とずっと問いかけてきましたが、ようやく答えが見つかりました。
私もアダルトチルドレンだったことが原因でした。12年前、私がとんでもないじゃじゃ馬の奥さんに心惹かれた理由もようやくわかりました。自分がアダルトチルドレンであること、無価値観が奥底に眠っていることに気づき、それを解消するためだったんだとわかりました。

やっぱり直感に従ってたら間違いないなという再確認にもなりました。

「無価値観」は入ってくるお金に繋がります。お金は価値に対して支払われるものですから、価値がないと思っているのに入ってきません。
なぜかお金が入ってくる人と、そうじゃない人の違いはここにあるのではと感じます。

今までこんな足かせがあったのに、ここまでやって来れた自分を大いに褒めて認めた上で、私はこのアダルトチルドレンを克服しようと動き出しています。この足かせが外れた後、どんな展開になるのかとてもワクワクしています。

そして、アダルトチルドレンの人がそれを克服する手伝いができるように、カウンセリングの知識や技術をつけようと思いました。

このブログに書いてあることや他、引き寄せ法則やいろんなことを実践しても思ったような成果が出ていないということであれば、そして家庭環境が複雑だったり、両親がまともじゃないということであれば、あなた自身がアダルトチルドレンじゃないのか確認してみてください。

きっと長年の疑問が解消すると思います。
P.S 私は、はじめてAVを見たのは5歳、オナニーを覚えたのは10歳と、いろんな意味でアダルトなチルドレンでした(笑)

P.P.S 無料コンサルティング受けてみませんか?詳細と申し込みはこちら

※内容が矛盾していると感じた場合は、新しい日付の記事を採用してください。

おすすめ記事

最近の投稿

Photo Gallery

私が撮影した美しい写真がたくさんあります。ぜひ観ていってください。癒されますよ。

ギャラリーを見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。