どっちの方法でお金持ちになった方がいいと思いますか?

お金持ちになる方法は大きく分けて2つあります。

1つは、世間一般的に広く知られている方法です。たくさん、そして賢く働く。自分の価値、提供する価値を高める。たくさんの人に価値を提供し、よろこんでもらうという方法です。

もう一つはこのブログでも取り上げている、人生のとらえ方を変えていく方法です。

いずれの方法によっても、世間一般からすれば多くのお金を得ることができた私の経験から感想を書きたいと思います。

まず、前者の方法です。物理的な「努力」によってお金持ちになる方法ですね。私は経済的な苦労をして育ったり、親戚や周りの人が経済的な苦労をしてきたのをたくさん見たので「お金の苦労を終わらせる!」と心に決めました。そのために、たくさんのことを勉強して実践しました。節約法もそうですし、効率のいい貯蓄方法だったり、運用手段にしてもそうです。そしてなにより、実入りが少なければお金の苦労は終わらないと思っていたので、自分の収入を上げることについては何よりも時間を割いて勉強し、実践しました。

勉強と実戦の結果、年収は1,800万円まで増えました。が、それと引き替えに自由な時間というのはほとんどありませんでした。自営業なので休みたいときに休めるのですが、いつクライアントから連絡があるか分からない状態で、本当に休んでいる日は年に1〜2日あればいいほうでした。

そして、収入を増やす方法の勉強と実践には「終わりがありません」

たとえば、インターネットで集客する方法について取り上げます。まず、私がインターネットでの集客を学びだしたときには「ブログがいい!アメブロをやると集客できる!」みたいな感じでした。そこで時間をかけてアメブロを開設し、カスタマイズして、記事をたくさん書きました。走行していると今度は「Twitterがアツい!Twitterで集客だ!」というのが流行出しました。私も乗り遅れまいとTwitterのアカウントを作り、Twitterでの集客方法を勉強して実践しました。するとすぐさま次は「Facebookだ!今はFacebookがアツい!」となり、以下同文です。その他にもlinkdinとかGoogleにPPC広告を出すとか、今度はLINE、Instagramで集客っていうのをやってますね。

他にも、セールスライティングというセールスするための文章を書く方法も勉強しましたし、マーケティングの方法もたくさん勉強しました。しかし、いくら学んでも学んでも終わりはありません。もっといい方法が出てきて、流行の方法が出てきてそれを学ぶ必要が出てきます。

物理的努力によってもたくさんの収入を得てお金持ちになることは可能ですが、それは犠牲が大きく終わりがありません。車輪の中で走り回っているハムスターのようです。今日のブログに使った写真はハムスター時代の私の写真ですが、笑顔を作ることができず顔はやつれています。

そして不思議なことに、こうしてたくさんの収入を手に入れるに至ってもお金の不安は無くならないのです!収入が少ないときには見えなかった不安が顔を出します。「この稼ぎを維持できなかったらどうしよう・・・」「お金の価値が吹き飛んだらどうしよう・・・」サラリーマンで高給取りの人でも「会社がいきなり倒産したり業績が急に悪くなったらどうしよう。」という不安がなくなることはありません。

私の場合、お金に対する不安や苦労を終わらせようと思って必死に努力をしてきたのに、その結果皿に大きな不安を経験するという結果に終わりました。「なんということでしょう!」

そんな生活にうんざりして、鬱病になりかかっていた私はラットレースから降りることにしました。

「努力して得る」というとらえ方から「はじめからすべて持っている」というとらえ方に変えることにしました。

ここでしんどかったことは、「誰もそんなことをしている人がいない!」ということです。前者のように物理的な努力をしてお金持ちになろうとしている人はたくさんいます。そのため、「自分も同じように努力すれば、そして他の人よりもうまくやれば大丈夫だろう。」という安心感があります。しかし、「お金持ちになるために物理的な努力など必要ない。そんなものははじめから持っているのだ。」なんて考えて行動している人を当時は知りませんでした。お金が無くなるかもしれないという不安を抱えたまま、「こんなやり方で本当に大丈夫なのか?」という不安を抱えることになります。

方向転換をして鬱状態からは抜け出していましたが、不安になりすぎて吐きそうになったことはたびたびあります。でも、朗報があります。それは、この不安には終わりがあるということです。なぜなら、不安が発生する根本原因を解消しているからです。

物理的努力をしてお金持ちになるということは、逆から見れば物理的努力をしなければお金持ちにはなれない。十分に得られないということです。そのため、努力をし続ける必要がありますし、常に何かに追われているような感覚があります。不安の根本原因が解消しないのでずっと不安は消えません。

一方、後者のお金持ちになるために物理的な努力は必要ない。はじめからすべて得ているが、それを見えなくしている壁を取り除けばいいのだというやり方であれば、前提が「すべてすでに得ている」となるので、一度壁さえ取り除いてしまえば、あとは自然な状態である「豊かさ」をなんの不安も無く享受できるようになります。

たとえて言うと、前者は肩こりから頭痛が起こっているのに、ずっと頭痛薬でごまかしている状態です。次第に薬が効かなくなってきて、結局頭痛に悩まされることになります。
後者は根本原因である肩こりを治してしまう方法です。根本の原因が治ればそれに付随して起こっている頭痛も治ります。

ただ、これはこれで努力は必要です。今まで信じてきたことや今までそうだと思ってきたこと、行動をほとんど180度変えてしまう必要があるからです。また、あなたが豊かになるのを邪魔している壁を取り払おうとする時、必ずといっていいほど大きな抵抗にあいます。無意識の中に自分は豊かになるには値しない、犠牲者でいたいという思いがあるからです。それを根気よく取り除いていく必要があります。それさえ取り除ければ、あなたが何をしていようがいまいが豊かであり続けられます。なぜなら、すでにすべてを得ているからです。

いずれにしても、あなたがお金持ちになるには努力が必要です。どちらの努力を選ぶにしてもお金持ちになれますが、あなたはどちらの努力を選びますか?

 

P.S 早漏の根本的原因はどこにあるのでしょうか?(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。