できないことはするな!

私は超がつくほど不器用です。
特にハサミを使うのが苦手で紙などをまっすぐ切れたことはありません。

自宅敷地内に私の事務所棟を建てました。
そこにデスクやらMacやらを運んで仕事ができる環境を整えたのですが、それまで使っていたデスクが部屋のイメージに合わないのです。

そこで、デスクを買い換えることを考えました。
いろいろ探して赤い天板の綺麗なイタリア製のデスクを見つけました。「おお、これいいやん!」と思って買おうとしました。
しかし、「3月20日までの入金は7月以降の発送になります。」の注意書きが。

「いやいや、そんなに待てんわ。」イクのも早いですし、我慢ができない私。どうしたものかと思っていました。

そんなある日、奥さんが娘にプリキュア柄の手提げバッグを作ってあげたいということで、手芸店に出かけることになりました。「手芸店なんて見るもんないわ〜。暇やな〜。」と思いながら、手芸店のトイレでうんこしてお店の中をぶらついていました。

すると、家具に貼れるレザーシートというのを見つけました。このレザーシートを貼ってあなたの家具を自分好みに!という謳い文句で置かれていました。「へぇ〜。そんなことできるんや〜。」と思って眺めていると、「これ、デスクに貼れんかな。。。」とひらめきます。置いてあるレザーシートのサイズを見てみると50cm×120cmと書かれていました。デスクの天板のサイズは70cm×120cmなので合いません。「あ〜、あかんわ〜。」と思いながらもあきらめの悪い私はその場でiPhoneを操作し「レザーシート デスク 貼り付け」と検索します。すると、「壁紙屋本舗」というお店が見つかり、そこに綺麗な赤いレザーシートを売っているのを見つけました。サイズも好きな長さで買えるというのです。

「これはいい!」と思って早速買いました。
自分で貼り付けられないのは分かっていたので、貼り付け作業は器用な奥さんにお願いをしました。

天板に赤いレザーシートを貼ると、とても綺麗になったので足の部分も白いレザーシートを後日注文して貼り付けることにしました。

これも奥さんに貼り付け作業をお願いしましたが、「さすがに全部やってもらうのも悪いな。」と思って、一部自分でやってみようと思いました。見てたら簡単そうに見えたのもあります。

やってみると、はじめはうまくできました。「あ、できるわ。」と思ったのもつかの間、どんどんレザーシートがしわくちゃになりだしたのです。同じようにやっているはずなのに、気づいたらぐちゃぐちゃになっていました。

「・・・うん。やっぱりできんわ。」とあきらめて再び奥さんにお願いし、綺麗に貼ってもらいました。

得意不得意、できることできないことって人それぞれあると思います。私の場合はものを作るとか手先を使う作業はできませんし、力仕事もできません。でも、こういう作業が必要なときがあります。そんなときは、できる人、やりたい人にやってもらうのが一番です。その方が手間もかかりませんし、仕上がりも上手ですし。

お金はそのために存在しています。あなたがお金を払うとき、必ずあなたの代わりに誰かが何かをやってくれます。もしくはやってくれたものがあります。野菜を買うなら、あなたの代わりに野菜を作ってくれた人がいて、そのことに対する感謝の気持ちとしてお金を支払っているわけです。

あなたがやりたくないこと、できないことを他人にやってもらえば、あなたはやりたいことだけに集中できます。やりたいことをやっているときは気分がいいときです。その気分の良さがお金をはじめとするいい出来事を起こしていきます。稼いでいる社長が仕事を部下に任せて遊びまくっているのはそのためですね。

本当は人に任せた方が楽で、いいものができる、いい成果を得られるのに自分で野郎としていることはありませんか?もし、それがやりたくないことや苦手なこと、できないことであれば他人に任せることはできませんか?

やりたくないこと、苦手なことを減らし、やりたいことをどんどんやること。人生を楽しむための大きな秘訣です。

P.S 性欲処理も自家発電という形でできますが、風俗へいった方が気持ちいいのでそうしています(笑)

P.P.S このデスクが

こうなりました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。