この話はお金と何の関係があるの?

人生は映画みたいなものですから、特に何もしなくてもシナリオは展開していきます。でも、「自分がやらなきゃ!」という思いを握っていると、その通りあなたがやらないと何も始まらないような状況になります。

「私がしっかりしなきゃ」と思っていると、あなたがしっかりしないといけない状況になります。それが好きならそのままでもいいですが、生きづらさ、苦しさを感じているなら捨ててしまいましょう。

捨て方は簡単です。そんな考えが頭に浮かんでくるたびに「この考えはもういらない。」と伝えることです。「私はこの考えを手放す。」でもいいと思います。「ありがとう。」でも「愛しています。」でもいいです。
要は、その考えを真に受けないことです。

私たちは頭の中に浮かぶ声を「これは自分が考えた」「私の考えだ」と固く信じています。だって、自分の頭の中で声がするから、自分がいつも話しているような声で聞こえますもんね。

しかし、実際はそうではありません。頭の中に浮かぶ声はほとんどすべてどこからともなくやってきている声です。あなたが考えたものではありません。家の外でスズメがちゅんちゅん鳴いているのを聞くのと変わりません。

「これは私の考えだ」「私がこれを考えた」と思っていると、その考えを真に受けざるを得ません。すると、その考えに力を与えることになります。
「私がしっかりしなきゃ」「私がなんとかしなきゃ」という考えに力を与えることで、その通りになります。つまり、お金もあなたが稼いでこなければいけなくなります。

頭の中に浮かんでくる声、思考と距離を取りましょう。それはあなたが考えたわけでもありませんし、あなたの考えでもありません。ただ、そういう声が聞こえただけです。なんの意味もありません。あなたがそれを真に受けることで、その声に意味が与えられ、あなたの現実に影響を与えるようになります。

映画の登場人物がしゃべる言葉と同じです。登場人物を演じる俳優は、この場面になったらこの言葉を喋ると指示されています。それと同じように、その場面にきたからそういう言葉が浮かんでいるだけです。あなたが考えているのではありません。あなたは、浮かんでくる言葉に気づく、それを聞いている側の立場です。映画の観客であり、登場人物ではありません。

「お金がない!」という声が頭の中で聞こえて
「大変だ!なんとかしないと!」という声が頭の中に聞こえて
その声を疑うことなく自分が考えたと思い込むので、お金をなんとかするための行動を取ってしまいます。

いずれの声もなんの意味もない声だとスルーできていれば、慌てて金策に走ることなくその場その場でやりたいと感じることができ、映画のシナリオが進むはずだったのですが、ジタバタした結果、何も進まず変わらないという結果を招いてしまいます。

頭の中の声をスルーしてみてください。骨は折れますが、きっと解放感を感じられると思います。

 

P.S 頭の中にナイスな下ネタがやってこないので、今日は下ネタありません(笑)

※内容が矛盾していると感じた場合は、新しい日付の記事を採用してください。

おすすめ記事

最近の投稿

Photo Gallery

私が撮影した美しい写真がたくさんあります。ぜひ観ていってください。癒されますよ。

ギャラリーを見る

1件のフィードバック

  1. この間は、お返事をありがとうございました。
    まだまだ私はお金に縛られているのかなーと
    思いました。結局、金策しているなーと!
    頭の声をスルーできてなかったのかもしれないです。

    けれど中川さんのブログや電子書籍を読んでいて
    もっと自分らしく生きていいんだ!と
    思えるようになりました。どんな自分も大切に
    してあげたいと、思えるようになりました。
    ありがとうございます^_^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。