お金以外の損に気づいていますか?

欲しいものがあってもお金が貯まるまで待つ。
欲しいけど今は高いから値段が下がるまで待つ。
世間一般的にはとても賢く、買い物上手だと思われるでしょう。

上手にお金を使えて、お金を守ることはできたでしょう。しかし、お金を守ろうとするときは、必ずそれ以外のものを失っているのです。それに気づけない限りお金から自由になることはできません。

なぜなら、お金は守るものでは無く、使うためのものだからです。そして、使う以外の用途は無いからです。もちろん、貯めるものでもありません。

根本的にお金の扱い方を間違えているのにお金から自由になれるはずがありません。

使うためのものを使わず、逆にどんなものを損しているのか1つ例をお話ししましょう。

家を買う時なんかはまさしくそうですよね。一生懸命貯めたお金を守るために、そしてこれから稼いでくるお金を守るためにお金をケチって家を建てます。
そうするとお金は守れるでしょう。そのおかげでどんなものが犠牲になっているでしょうか?お金を掛けるかどうかで住み心地は明らかに違ってくるでしょうし、立地が違えば生活環境も大きく変わるでしょう。結局は住み心地に影響します。そして、ケチったせいで光熱費が余分にかかるようになるかもしれません。お金を守ろうとしてお金を失う結果になっているいい例ですね。その他にも見た目、最後に愛着の湧き具合も違うでしょう。

これがこの家に住んでいる間、何年、十数年、下手したら死ぬまで続くわけです。そうまでしてお金を守りたいですか?そうまでしてお金を守る意味なんてあるんでしょうか?お金はあなたが欲しいものややりたいことを実現するために存在しているのです。それを守ろうとして、欲しいものややりたいことを我慢するのでしょうか?ものすごく矛盾していると思いますが、どう思いますか?

頭金が貯まるまでと我慢する人もいますが、その間不満のある家での生活を何年も我慢しなければいけませんよね。その我慢は損失として考えられないのでしょうか?なぜ、お金を損することは損失として感じるのに、したくない我慢や、やりたくないことをやらなければいけなくなるということは損失として感じられないのでしょうか?

お金の損なんていくらしてもいいんです。お金なんていくらでも得られますし、現時点で無限にあるものですから。そもそも、損をするという概念自体が存在しないといった方が正解かもしれません。

お金がいくらでもあるとしたら、あなたはやりたくないことまでやってお金を守りたいでしょうか?お金のために我慢したり、欲しいものややりたいことをあきらめたいのでしょうか?

お金を守るために、あなたの人生を失うのでしょうか?

 

P.S お金は電マとは違います。電マは全くといっていいほど本来の使われ方をされていませんが、それでもとても役に立っています(特に私のように早漏で悩める男子にとっては)

ただ、お金は使うという本来の役割以外で使う時、何の役にも立ちません。電マとは違うんだと覚えてきましょう(冗談です)

※内容が矛盾していると感じた場合は、新しい日付の記事を採用してください。

おすすめ記事

最近の投稿

Photo Gallery

私が撮影した美しい写真がたくさんあります。ぜひ観ていってください。癒されますよ。

ギャラリーを見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。