お金を使う達人級のテクニック

0H4A9339

昨日の記事で、お金を使う最終的な目的は「自分を喜ばせること」だとお伝えしました。そして、自分を喜ばせるお金の使い方をしているとお金は増えて返ってきます。

ということは、お金を使わずとも自分が喜ぶことをどんどんすればいいです。

それからもう一つ、お金を使う時には無条件に喜びを感じてしまえばいいのです。
やりたいと思うことや欲しいと思うものにお金を使って喜びを感じるのが基本です。

でも、やらなければいけないと思うものや、必要だからと思うものにお金を使うこともあるでしょう。しかし、その時でも何らかの価値を受け取っていることには変わりありません。ただ、お金だけを払うということはありえません。

じゃあ、その受け取った価値に対して喜びを表明してしまえばいいのです。例えば、ほとんどの人が払いたいと思って払うものではない「税金」にしてもそうです。

税金を払うことによって受け取る価値に喜びを表明してもいいでしょうし、税金を払えるということ自体に喜びを表明してもいいです。
「この税金を払うことで自分がやりたくないことを他の誰かがやってくれる。そのおかげで自分はやりたいことに集中できる!」と言って喜んでもいいです。
他にも、「こんなに税金を払えるなんて、俺はなんてお金持ちなんだ!」と言って喜んでもいいです。

あなたが喜ぶかどうかは、あなたの目の前に起こった出来事が決めているのではありません。あなたがその出来事に対して行う意味づけが決めています。
ということは、お金を払うこと全てにあなたが喜べるような意味づけをしていけばいいのです。
「またこの価値を受け取った!」「また満たされた!」「また豊かになった!」こう思うことで、お金を使うたびに喜びを感じられます。それと同時に感謝の気持ちも湧いてくるでしょう。

そうすると、あなたの元にお金が増えて返ってきます。

お金を使う=喜びなのです。

※内容が矛盾していると感じた場合は、新しい日付の記事を採用してください。

おすすめ記事

最近の投稿

Photo Gallery

私が撮影した美しい写真がたくさんあります。ぜひ観ていってください。癒されますよ。

ギャラリーを見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。