お金を使うときの不安を無くす2つの方法

お金を使うとき、特に金額が大きな時は不安を覚えると思います。

その不安はどこから来ているかというと、「こんな大きな金額を使って、お金がなくなったらどうしよう。」ということから来ています。

その不安を感じながらお金を使っていると、感じているような不安を招いてしまいます。つまり、実際に不安を感じるような出来事が起こります。お金を落としたり何か損をしたり。

では、この不安を無くすためにはどうすればいいでしょうか?それには2つ方法があります。まずは、「先のことは考えない」ということです。不安を感じるときは100%先のことを考えています。先のこと、つまり、今目の前に起こっていないことを頭の中で妄想して不安を感じているわけです。

ということで、不安を感じていると気づいたらそれは「妄想の世界で生きている」ということです。実際に今お金がなくなってどうしようもなくなっているわけではありません。そのことに気づいたら、今この瞬間に意識を戻してきましょう。

もちろん、出てきた不安を感じてあげることも必要です。

もう一つの方法は「満たされた」ことに注目することです。お金を払うときに何が行われているかというと、自分のお金を差し出し、何らかの価値を受け取るということが行われています。

このとき、「自分のお金を差し出した」ことに注目してしまうから、「失った」と感じて不安が発生します。
一方で、価値を受け取っているわけですから「満たされた」経験もしています。こちらの方に注目しましょう。あなたが自分の意思でお金を差し出すときは、必ず「満たされた」経験があります。そこに目を向けてください。

お金を払うことで「空腹を満たすことができた」「楽しい経験ができた」「電気などを使って快適に生活できた」「お気に入りの服を買えた」「かわいいお姉ちゃんとエッチできた」という満たされる経験を必ずしているはずです。

「満たされている」ということを実感することで、次の満たされる現実が作られていきます。逆にお金がなくなったと「不足」の方へ意識を向ければ、不足する現実が作られていきます。

いずれの方法も、頭の中のストーリーではなく、目の前の現実をしっかりと見ることです。

 

 

P.S でも、早くイッてしまいそうなときは頭の中で仕事のことなんかを考えた方が長持ちしますけどね(笑)

※内容が矛盾していると感じた場合は、新しい日付の記事を採用してください。

おすすめ記事

最近の投稿

Photo Gallery

私が撮影した美しい写真がたくさんあります。ぜひ観ていってください。癒されますよ。

ギャラリーを見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。