お金を使いまくって自己破産する人とお金持ちになる人の違いとは?

こんな質問を頂いたので回答します。

いつもふとした時に読んで身の振り方を正す参考にさせていただいてます。

ふと思ったのですが、欲しいものは高くても買えると思えば買えるとのこと、大筋の話は理解して府に落ちていますが、ローンを組んででもというところで疑問が。

では世の中には借金を返せず自己破産してる人達や、毎月大きな返済に追われてしんどい人がいるのとどこが違うのだろうと思いました。ここの部分だけ疑問が残りました。その人達も最初は欲しいものをローン組んで購入したと思います。募金などしてないから?

何かの機会で教えていただければ幸いです。宜しくお願いします。

これは多くの人が持っている疑問かもしれませんね。欲しい物をドンドン買ってドンドン使ったほうがお金持ちになれるなら、どうして貧乏になる人や自己破産する人がいるのか?ということですよね。

お金をドンドン使いまくって貧乏になる人、自己破産してしまう人は、、、、

続きは有料会員に公開しています。登録はこちらから

※内容が矛盾していると感じた場合は、新しい日付の記事を採用してください。

おすすめ記事

最近の投稿

Photo Gallery

私が撮影した美しい写真がたくさんあります。ぜひ観ていってください。癒されますよ。

ギャラリーを見る

1件のフィードバック

  1. 裏ブログ読ませていただきました。

    お金を使いまくって自己破産してしまう人とそうでない人の違いはルール設定だということですが。

    “「自分が使えるお金には限りがあるし、使っ たら無くなる」というルールを設定すること もできますし、「自分が使えるお金は無限に ある。使ったら増えて返ってくる。」”

    ルール設定とは思いこむだけでいいんでしょうか?

    また“お金に関わると時に出て くる感情に蓋をして感じなかったというのも 原因の1つ”この感情はどういう感情のことですか?

    今、マイホームを考えており、少し多めの額を借りることになるかもしれません。
    お金はなくならないと考えるなら、無理してでも自分の建てたいと思う家を建てるべきですか?たぶんそうですよね。

    でもやはり少し無理した住宅ローンを組むのは恐ろしいです。

    別の記事に不安に飛び込めみたいな事書いてありましたが、飛び込んで失敗したらどうしようと思ってしまいます。

    とりとめのない文章になってしまいましたが、教えていただけたら嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。