お金をケチるとこうなる

「クソ!Fuck!」と叫びたい気分でした。

羽田空港で徳島へ帰る飛行機の出発待ちをしている時にかかってきた奥さんの電話です。

女の子とのメールがバレて起こって電話をしてきたわけではありません。(こういう場合は家に帰ってから怒られます)

何かというと、奥さんが使っているMacbookProが起動しなくなったという連絡です。「じゃーん」という起動音がしたまま画面は真っ暗。一切使えなくなったということです。

「使い方が悪いんじゃ!」と思ってイラッとしましたが、こうなった本当の原因は私にあることはすぐわかりました。といっても、私が奥さんのMacbookProを触ることはありません。では、なぜ私に原因があるのでしょうか?

このMacbookProを買ったのは今年の5月です。それまで奥さんが使っていたMacbookが壊れたので新しく買うことにしたんです。

奥さんはどれを選んだらいいかわからないので、私が選びました。この時に今回壊れた原因があったのです。

それは、私がちょっとケチって性能が低い方を選んでしまったということです。もう3万円くらい出せば一番性能がいいものを買えたんですが、「そんなにいらんだろうし。こんなにいいものを買うのはなんかもったいないな。」と思ってしまったことが原因です。

あれだけケチってはいけないとわかっているのに、ケチったから余計にお金がかかることになりました。修理をするとタダですが、1週間以上かかります。奥さんは「そんなに待てない!」と駄々をこねるので仕方なく新品を買いました。26万円・・・

壊れたものは修理から帰ってきたら売ろうと思うので、売れた金額を足しても12〜13万円は足が出る計算になります。

あの時ケチらずに一番いいものを買っていたらこんなことにはならなかったと思います。その証拠に、自分には「仕事で使うから」という理由で一番いいものを買ったので同じ時期に買いましたが壊れていません(笑)

ついつい値段を見てお金をケチる、優先してしまう癖はなかなかしぶといなと今回の経験で勉強になりました。それに、やっぱりケチるとケチった金額以上の損をするんだなと改めて認識しました。

まぁ、私がアホなおかげで大好きなAppleが儲かるからそれでいいんですが(笑)

あなたも私のような目に遭いたくないのであればケチることは金輪際やめましょう。間違いなく、ケチった金額以上のお金、時間、労力を失うことになります。

と同時に、こちらの記事で紹介した考え方を持っていれば損をしても平和な気持ちでいられますよ。

※内容が矛盾していると感じた場合は、新しい日付の記事を採用してください。

おすすめ記事

最近の投稿

Photo Gallery

私が撮影した美しい写真がたくさんあります。ぜひ観ていってください。癒されますよ。

ギャラリーを見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。