お金は一体なんのために存在するのか?

お金はあなたが欲しい物を手に入れたり、やりたいことをやるためにあります。お金という媒体があるお陰で、あなたはお金を差し出せば欲しいものやサービスをなんでも手に入れることができます。

これが、お金がないと大変です。例えば、あなたが家を建てたいとしますよね。お金がないということは、家を建ててくれる人に対してあなたは何らかの価値を提供する必要があります。あなたが(性感じゃない)マッサージが得意だとします。家を建ててくれる代わりに向こう1年間毎日マッサージしますという提案をして、それなら家を建ててあげようと同意してくれればあなたはマッサージする代わりに家を建てることができます。

しかし、相手にそんなものはいらないと言われてしまえばそこでおしまいです。相手が気に入るような別の価値を提供するか、マッサージと家の建築を交換してくれる人を探さないといけません。それは大変ですよね。そんなめんどくさいことをしなくて済むようにお金は存在するのです。

もう一つ、お金はあなたができないことや、やりたくないことを人にやってもらうためにもあります。

あなたが生きていく上で必要なことを全部自分でやることになると大変です。家を建てることもそうですし、食べ物、お米や野菜を作ったり、牛肉を食べたいのであれば牛を育てるところからですし、服も自分で作らなければいけません。髪が伸びてきたら自分で切らないといけません。お風呂に入る水を自分で汲んでこなければいけませんし、お湯をわかすのも自分で薪をくべて・・・。そんなことをしていたら、本当に生きるだけで人生が終わってしまいますよね。

そうならないように、あなたがやりたくないこと、苦手なことはお金を払って人にやってもらうのです。それをするのが好きな人にやってもらうのです。家を建てたいいのであれば家を建てるのが好きな人にお金を払ってやってもらう。お米はお米を作るのが好きな人が作ったものをお金を払って買う。髪も、髪を切るのが好きな人にお金を払ってやってもらう。

そうして、空いた時間を使ってあなたは好きなことをすればいいのです。そのためにお金は存在します。結局、欲しいもの、やりたいことをやるためにお金は存在しています。

ここで質問です。

あなたはお金を守るために欲しいものを我慢したり、やりたくもないことをやったりしていませんか?

もしそんなことをしていたら、本末転倒以外のなにものでもないですよ。欲しいものはドンドン買いましょう。やりたいことはドンドンやりましょう。やりたくないことはお金を払って他人にやってもらいましょう。そして、あなたはやりたいことだけをやればいいんです。

お金はそのために存在しています。

P.S マッサージといえば2年前くらいに東京の神田駅前で中国人のおばはんに「お兄さん!全身キモチイイするね。3,000円で!」と言われて「3,000円でヌイてくれるなら安いな」と思ってついて行ったら、ただの全身マッサージだった経験があります。確かに嘘はついてないよな・・・で、全身マッサージが終わった後、マッサージしてくれたお姉さんが耳元で「10,000円くれたら続きスルネ」とささやくので期待して10,000円支払ったら、全身オイルマッサージでした・・・

※内容が矛盾していると感じた場合は、新しい日付の記事を採用してください。

おすすめ記事

最近の投稿

Photo Gallery

私が撮影した美しい写真がたくさんあります。ぜひ観ていってください。癒されますよ。

ギャラリーを見る

1件のフィードバック

  1. 中川さんは、今のように年収を得られるようになってから、寄付や好きな事やりたい事
    にお金を使うという事を実践してるようですが、中川さんが家を買う前からそのような事を実践してても今のような年収を得てるとおもいますか?
    節約とかをしてきてある程度お金持ちになってから、寄付やお金を使うというふうにして
    いった方がいいのではないですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。