お金の不安や悩みを解消するための心構えとは?

お金の不安や悩みを解消する、というより、お金の問題に意識を向けないようにするための心構えは「もうお金は必要ない。」と思うことです。

お金は必要ないと思って、その態度でいればお金が必要ない状態になっていきます。お金が必要ない状態とは、十分にある状態です。

これは、ご飯を食べるときに例えるとわかりやすいです。あなたがご飯を食べてお腹いっぱいの時は「もういらない。」となりますよね。でも、お腹が空いているときは「ご飯食べたい。」と思います。

ご飯食べたい、欲しいと思うということは、今お腹が空いていますという意思表示です。それと同じで、お金が欲しいと思うということは、お金がありませんという意思表示になります。そのため、お金が無いという現実に意識を向け、それを選ぶようになります。それが良いとか悪いでは無く、そっちを選べばそっちの経験ができるというだけです。どっちを望むかですね。

でも、お金が無いと判断できるような状況の中「お金なんかいらない。」と思うのは難しいかもしれません。どうすれば「お金なんかいらない。」と思えるでしょうか?それは、今幸せを選ぶことです。

お金を得ることの究極の目的は幸せになることです。ということは、幸せでありさえすれば、お金を得ようが得まいが関係ありません。

あなたが幸せを選び、幸せを感じることで「お金が欲しい。」と自然に思わなくなってきます。

では、どうやって幸せを選ぶかですが、一番簡単なのは「私は幸せだ。」と決めてしまうことです。「周りの人がどう言おうが、どんな状況だろうが私は幸せなんだ。」と決めてしまいましょう。そうすれば、あなたはもう幸せです。

でも、この方法は後々頭の中で「でも、あれもこれも手に入れていないじゃないか。それで何で幸せなんて言えるんだ?」という抵抗する声が聞こえるでしょう。しかも、その声はしつこくつきまといます。粘り強く無視できれば良いですが、その声に負けてしまうと元の木阿弥です。「ああ、やっぱりこれもあれも手に入れてこうならないと幸せじゃ無い。」となってしまいます。

その抵抗の声を和らげるためにできることは、「今あるものに感謝すること」です。その声は幸せに根拠を求めます(根拠を求めるのは幸せに限ったことでは無いですが)そのため、根拠を与えてやります。

周りを見渡してみて、あなたが得ている商品やサービスからどんな価値を受け取っているか、あなたの周りにいる人からどんな物を得られているかを考えてみて、その一つ一つに感謝してみましょう。1つ2つ感謝するだけではあまり幸せ感は無いと思いますが、10個20個と見つけて感謝するうちに、幸福感だったり心地よい感覚になってくると思います。

それを習慣にしてみてください。そのうち、何か手に入れたいとか、何かになりたいとは自然と思わなくなってきます。そうなると、何か手に入れたいとか、何かになりたいと思わなくて良い状況になっていきます。

今に在ることも効果的です。今に在るとき、幸せに根拠を求める奴は出てこれない上に、自然と幸福感、至福感、平穏に包まれます。

幸せを選ぶこと、そして実際に幸せを感じることで、お金だけでは無く色んなものが欲しいと思う気持ち、執着が剥がれていきます。そうなれば、気づいたら前に欲しいと思っていたものを手に入れているという状態になります。

未だ手に入れていないものや状況に目を向けるのでは無く、今あるもの、今ある状況に目を向けて、そこにまず感謝しましょう。

P.S 結婚してからモテる人がいるのもこれを同じですね。求めていないから求めなくて良い状況になるということです。まぁ、私は結婚してもしなくてもモテたことはありませんが(笑)

P.P.S 今に在る感覚がよく分からない、つかめないならこちらのセミナーがオススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。