お金とどんな付き合いをすると心地いいのか?

お金との関わり合いを3段階に分けるとこんな風になります。
まず、第1段階目です。
これはお金に振り回されている段階です。お金が無い、入ってこないのはもちろんですが、お金をどう扱っていいかもわかっていない状況です。

節約しているはずなのに全然貯まらない状況でお金に対する不安感が強い、お金が原因で出来ないことがたくさんあるという状況です。

この状況ではお金はいいものとはとうてい思えないと思います。とてもお金との関係にストレスを感じます。

第2段階目です。
この段階になるとお金の表面的なことを学び、世間一般的に言う賢いお金の使い方が出来るようになります。
節約をしたり、きちんとした貯蓄計画を立てる、運用に挑戦するなどです。お金に振り回されることはなくなります。入ってくるお金を予測し、その金額の範囲内で上手にお金を使い、いかに自由を表現するかということを試みます。うまくいったときはもちろん楽しさや喜びを感じます。お買い得品に出会った時や、値引き交渉がうまくいったときなどですね。一方、お金を損したり無駄な買い物をしてしまうと、悔しさや罪悪感を感じます。お得だと思って買った買い物が、後日もっと安く売られていたときだとか、買ったけど使わないようなものがあった時などですね。

また、収入を得る手段にしても「いかに儲かるか」ということが基準になります。思った通り儲かれば喜び、儲からなければ悔しい思いをします。

世間一般的にはこの段階を極めることがよしとされています。世の中のほとんどの人は上手下手の違いは様々ですが、この段階を生きています。

第一段階や第二段階の状態は一言で言うと「お金が基準」になっています。持っているお金以上のことをしようとはしませんし、得か損か、効率やコスパがいいかどうかが判断基準になります。

お金をうまく使えれば、たくさん稼げば、たくさん残せば勝ち。そうでなければ負けというゲームをやっているとも言えます。

第3段階です。
この段階になると、お金のことは無視します。あらゆる物事の判断基準は「自分自身」にあります。自分が欲しいかどうか、やりたいかどうか、快適かどうか、心地いいかどうか、それだけで決めます。そこに金額をはじめ、お得かどうかなどは関係ありません。

稼いでいるお金の量や貯まっているお金の量を気にすることもありません。そんなことをすると、お金の流れが悪くなることを知っているからです。持っているお金の量などは関係なく、自分が幸せであればそんなことはどうでもいいことです。そして、幸せな気分であればお金はどこからともなく現れることも知っています。状況に関係なく幸せを選ぶことが出来るということも。

普段あなたは特段空気のことを気にしたりしませんね。当たり前のようにあることを受け入れているからです。お金にも同じ扱いをします。当たり前のようにあること、不足することなどあり得ないことを受け入れています。

どの段階がいいということはありません。どの段階で人生を生きていきたいかということです。第1段階にいるメリットは特に思いつきませんが、第2段階であれば勝ち負けや思い通りに物事が進んだときの快感を得ることが出来ます。また、先を見通すことで表面的ではありますが安心感を持って生活することが出来ます。デメリットは、常にお金が入ってくる量や出ていく量、貯まっている量に対して気を配り続ける必要があること、新しい賢いお金の使い方について学び続ける必要があることです。貯蓄方法や保険、運用やクレジットカードやポイントカード、ApplePayなど、お金に関する新しい情報は絶え間なく出続けます。また、ビジネスを行う上でも社会情勢や景気の動きなど、それらに対して常にアンテナを張っていなければいけません。一言で言うと気苦労が多いです。

その気苦労の多さを受け入れた上で、勝ち負けによるゲームをもっと楽しみたいんだ。ということであれば第2段階のお金の使い方を選ばれるといいと思います。

第3段階のメリットは、必要なお金は常に得られるようになるということです。また、自分基準で物事を決めていくので第2段階のようにお金基準で決めた物事よりも満足度が高くなります。
ただし、デメリットもあります。まず、第3段階を選んだすぐは強烈な不安感に襲われることです。お金のことを考えずに自分がやりたいようにお金を使うという経験をしたことが無いので、ほとんどの場合で貯めている貯金がどんどん無くなっていくという経験をするでしょう。それを見て、「本当にこのままで大丈夫か?」と考えてしまい、時には吐き気をも様子ほどの不安感にさいなまれることもあります。

その不安感を感じきり、「あ、大丈夫だった。」という経験を何度か重ねるまでは強い不安感がなくなることはありません。そこまで意志を貫き続けられるかが鍵です。こういう経験を重ねていけば、先のことを考えて不安になるようなこともなくなり、絶対的な安心感を得られるようになります。それは、先のことを考えてあれこれ計画を立てたり、たくさんお金を稼いだり賢く使ったりして得られる表面的な安心感とは比べものになりません。

もう一つは、誰にも理解されないということです。先にも書きましたが、ほとんどの人は第2段階のお金の使い方をしています。つまり、お金のことを考えてお金基準で生きています。その中でいきなり「お金なんていくらでもあるんだから、好きに使おうよ。」と言っても理解されません。頭がおかしい人になったのかと思われます。実際、私自身も自分で頭がおかしくなったんじゃないのかと何度も思いました。

この、強烈な不安感を伴う上に誰にも理解されないということで挫折してしまうケースが結構あるんじゃないかなと思います。途中で挫折してしまうと、散々お金を使ってしまったあとで、第2段階の生き方に戻るということですから、巻き返しが大変だと思います。

第3段階の生き方を選ぶなら、まずは決して後戻りしないと決断することです。お金から自由になって生きる、お金のご機嫌伺いをしてお金に左右される人生ではなく、自分の人生を生きるんだと決断することです。決断とは、それ以外の結果は受け取らないと決めることです。

そのあとは、すでにお金から自由になっている人のアドバイスやサポートをもらいながら実践するか、友達やパートナーを一緒に誘って励まし合いながら実践することをオススメします。私自身は誰の力も借りず一人でやったので、一人でも出来ないことはありませんが、誰か助けてくれるなら助けてもらった方が良いなと感じます。
P.S もちろん、オナニーするときはAVによるサポートを受けながらしています(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。