お金で自由を手に入れることはできない

「お金があれば自由になれる」

これは完全に幻想です。

お金があることで得られるのは選択肢であり、自由ではありません。

お金があることで自由を得ているとしたら、あなたの自由はお金のあるなしに左右されてしまいます。

するとどうでしょう?あなたは自由でいたい、自由でいるためにはお金がある必要があります。そうなると、あなたはもっと自由を感じるためにお金を得ようとし、自由を失わないためにお金を守ろうとしませんか?

自由とは「自分に由る」ことです。

つまり、選択を何にも左右されないこと、あなたの選択に何の影響も及んでいないことを指します。

しかし、お金が自由をもたらしてくれるなら、お金を増やし守ろうとする行動が必要になってくるでしょう。その行動は「自分に由る」ものでしょうか?

お金ありきの行動ではないですか?

また、お金があると選択肢が増えることは間違いありません。

しかし、こんな研究結果もあります。

心理学教授のBarry Schwartz氏は、選択肢が無限にあると、思考が麻痺してかえって消耗してしまうと説いています。ありえないような期待をしたあげく、間違った選択をしてしまったと思う自分を責めてしまうからです。

一般的には選択肢が多いほど良いとされていますが、彼の結論はまったくその反対です。かつてないほど選択肢の多い社会では、人は鬱になる確率が高くなるのです。

ジャムを使った驚くべき研究があります。スーパーマーケットで、24種類のジャムをテーブルに展示して買い物客が試食できるようにしました。別の日には、テーブルに展示するジャムはたった6種類にしました。ジャムの種類が多いほど、たくさんの人の注意を引きましたが、ジャムの種類を少なくして展示したときに比べると10分の1しか売れませんでした。

その後の研究で、過剰に選択肢があると決められなくなるという原則は、ほかのものを選択する場合にも適用されました。結果としてその原則は、清涼飲料水を選ぶような日常に根ざしたことから仕事への満足度のような人生の重大な選択に至るまで、同様に適用されることがわかりました。

出典:(選択肢が多すぎると幸福感を損なうことがわかった件

そもそも、お金を沢山得る行動は幸せを感じるためでしょう。全ての言動がそれに繋がっていると言っても過言ではないですね。

幸せを感じるためにお金を沢山得たのに、増えた選択肢によって幸福感を下げてしまっているとは、「なんということでしょう!」ですね。

さらに、そもそものお金を稼ぐ行為も「自由」から来ている行為ではない場合が圧倒的です。「これをやれば儲かるから」というお金目的でやっていることがほとんどでしょう。純粋にその行為が好き、楽しいからやっているなんて人は極一握りだと思います。

自分を犠牲にしてたくさんお金を稼いだ挙げ句、幸福感が下がるとは、、、

とんでもない大馬鹿者ですね。以前の私のようです(笑)といっても、お金を得ることを否定してるわけじゃないですよ。お金を稼ぎたいならバンバン稼いでください。しかし、それに自由や幸せをくっつけないようにすればいいだけです。

お金が自由にしてくれないなら、何があなたを自由にしてくれるのでしょうか?いや、この考え自体がもう「私は自由じゃない」と宣言しているので、自由じゃないでしょう。

あなたは元から自由です。それに気づいてないだけです。自分であれこれ手枷足枷をつけて自ら牢屋に入ってるだけです。自分でつけてるんですから、自分で外して出ればいいですね。

どうやって外すの?あなたを縛っているモノはなんでしょうか?まずはそれを見つけてください。ほら、四六時中あなたに浮かんできている、やってきているあいつですよ。

それから「影響を受けないこと」は大きなヒントになります。あらゆるモノから影響を受けないためにはどうすればいいでしょう?どんな立場であれば、あらゆるモノからの影響を受けずにいられるでしょう?

※内容が矛盾していると感じた場合は、新しい日付の記事を採用してください。

おすすめ記事

最近の投稿

Photo Gallery

私が撮影した美しい写真がたくさんあります。ぜひ観ていってください。癒されますよ。

ギャラリーを見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。