お金が空気のようなら貯蓄や運用はすべきでしょうか?

質問をいただいたので回答しました。

こんにちは。

ブログや本を読ませて頂ただき、少しずつ生活が楽しくなってきています。

さて、一つ質問です。

お金の運用のことです。

お金は不自由しないだけ、入ってくるのであれば、何故将来に向けて貯蓄するのか?

うちもご多聞にもれず、学資保険、個人年金を毎月3万円かけています。

運用に魅力を感じましたが、あれ?どう考えたら良いのかしら?と袋小路に入ってしまいました。

教えて頂ければ幸いです。

楽しく生活できるようになってきたとのこと、よかったです。

人生楽しんだもん勝ちです。どんどん楽しみましょう。

さて、質問を要約すると「必要なお金は手に入るなら、貯蓄や運用をするのはなぜか?」ということですね。

お金は空気のようなもので必要なだけ入ってくるようになります。

しかし、あなたがそれを信じられない状態ではそうなりません。「お金は有限である。」「将来に向けて貯めておかなければいけない」という信念と「お金は必要なだけ得られる、空気のようなものだ。」という自然な状態は相反します。共存することができません。

あなたが信じたものを経験するようになるので、お金は有限できちんと蓄えてておかなければいけないという信念を持っていたらそれを経験します。その状態で将来に向けて蓄えを持っておかなければ破産するでしょう。

貯蓄や運用などが必要なく、必要なお金を得られる状態にするためには信じるものを変えていく必要があります。「お金は有限」から「お金は無限」にシフトする必要があります。

これを一気に実行することもできます。私がやったように「お金なんていくらでもあるんだったら、お金を得るための仕事なんかしないし、好きなだけお金を使ってやる!」と、突然行動に移すこともできます。しかし、この方法は強烈な不安感に襲われますからあまりオススメしません。

そこでオススメなのは少しずつシフトしていくことです。具体的には、お金ではなく自分のことを優先する、大事にする経験を少しずつ積み重ねていくことです。スーパーで今まで値段を気にして買わなかったようなものを買ってみることや、節約するために仕事で疲れている身体にむち打って夕食を作っていたのを、たまには外食にして楽をするとか、身体が疲れているときや子どもとの約束があるときは残業を断ってみるという小さいステップを積み重ねていった方がいいです。

そうして「あれ、使いすぎたと思ったけどなんとかなってるな。」という経験を自信に変えていきましょう。そうしていくうちに、わざわざ貯めていかなくてもいいんじゃないか?という気になってくるでしょう。その時にやめればいいと思います。

それから、将来に向けての積み立てをしてはいけないのかどうかというと、決してそんなことはありません。あなたの預金を銀行が企業に融資し、その企業が社会へ貢献します。あなたが投資したお金を企業が使い、社会へ貢献します。お金を空気のように扱えるようになる前でも後でも、貯金や運用をしたければしてください。

やってはいけないのは「今を犠牲にすること」です。今やりたいことがある、欲しいものがあるけど先のことを考えて貯金したり運用に回すのは御法度です。なぜなら、犠牲が生むのは更なる犠牲だからです。今やりたいことを我慢し、貯蓄や運用をすれば先では満たされるだろうと思うかもしれませんが、そうはなりません。先を満たしたいなら今満たされることです。目的=手段です。

具体例を出すと、学資保険の積み立てをするために子どもの習い事を我慢させるようなことはしないほうがいいということです。大学は最悪奨学金を借りれば行けますし、そもそも大学へ行かないとできないようなことってそんなに無いんじゃないかと思います。それよりも、子どもが今やりたがっていることをさせてあげたほうがいいと思います。なんでも小さいうちにやった方が成長も早いですし、将来やりたいことが見つかって「大学なんか別に行かなくていいや。」って思うかもしれませんしね。

また、学資保険の積み立てをするために親が我慢しているのも私はオススメしないです。見た目は美しい親の姿に見えるかもしれませんが、あとで軋轢を生むかもしれません。子どもが親の行かせたい進路に進まなかったとき、進学なんてしないと言い出したとき、その他親の言うことを聞かなかったとき「私があんたのためにどれだけ我慢したと思っているの!」となる可能性があります。子どもからしたら「はぁ?そんなの頼んでないし。」です。心優しい子どもならそれに圧力を感じて、自分の人生を歩めなくなるかもしれません。

子どものために親が我慢して何かするよりも、純粋にお母さんやお父さんが笑顔でいる方が子どもはうれしいんじゃないかと思います。

話が少しそれましたが、貯蓄や運用についてまとめます。

お金がいくらでもあると信じられない、またはそれを経験していない状態では貯蓄や運用は必要だと思います。

お金がいくらでもあることを信じている、それを経験している状態では貯蓄や運用は必要ありません。ただ、やっていけないことではありません。

そして、いずれにしても今やりたいことを我慢してまで貯蓄したり運用に回す必要はありません。

フローチャートにするとこんな感じでしょうか。

Q1.欲しいものを買って、やりたいことをやれていますか?

YES→Q2へ

NO→お金を貯めたりしている場合ではありません。欲しいものを買い、やりたいことをやって自分を満たしてください。

Q2.お金を空気のように扱えるようになりましたか?

YES→貯蓄や運用をする必要はありません。やりたければやってください。

NO→貯蓄や運用をしながらも、欲しいものを買い、やりたいことをやりつつ不要な信念を壊し、お金を空気のようなものへと認識を変えていきましょう。

P.S 質問はコメント欄へどうぞ。記事にてお返事します。

P.P.S ホテルでペイチャンネルを見ながらオナニーすることもできるのに、風俗へ行く必要があるのでしょうか?→必要はありません。イキたいからイクのです(笑)

1件のフィードバック

  1. お金は空気のような存在だとして、両親や祖父母から金をださせようとする叔母の存在はなんと解釈すればいいのでしょうか?

    何年も前に自己破産して、うちの両親からも1000万借りた分をチャラにしています。
    そして懲りずにまた金の無心です。
    私は出したらダメだよと、両親や祖父母を止めます(祖父は払う気なし)が、彼女の存在が一体私の何をあらわしているのか、気になり始めました。

    中川さん、いきなり変な質問してすみません。

    お金を貸してかして!貸してもらえないと死んでしまう!と言って、貸さなくても死なない叔母は一体なんなのでしょう。

    お分かりになりますか?
    私は32歳。叔母は60歳、祖父母は88歳です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。