お金がない!を卒業する2つの秘訣

お金がない!と思っている、これが口癖になっているとお金がない状態がずっと続きます。なぜなら、あなたの人生はあなたが思ったように展開するからです。

「そんなこと言ったって、現実にお金がないんだから仕方ないだろう!」と思われるかもしれません。卵が先か鶏が先かの話になりそうですが、お金が無い(と思い込むような)現実が作られているのは間違いなく「お金がない!」という思いや「お金が無くなる!」という不安が先に来ています。

では、どうすれば「お金がない!」と言わずにいられるようになるか、財布の中身が寂しくても預金残高が少ないに見えても「お金がない!」と言わずに、思わずにいられるようになるでしょうか?

その方法は2つあります。

一つ目は、事実を認識することです。「お金がない!」と言っても、0円じゃないですよね。財布の中に1円も入っていないわけでも、銀行に1円の預金もないわけではありませんよね。では、そもそも「お金がない!」ということ自体が間違いではないでしょうか?

金額の大小は関係なく、お金はあるんじゃないでしょうか?そもそもお金がないという認識が誤りです。お金は常にあるはずです。

金額を気にしなければお金は常にあります。あるんです。

もう1つです。それは、所持金で出来ないこと、買えないことを思い浮かべずに、今あるお金でできることを考えましょう。「今のままではあれが買えない。」「あそこに行きたいけどお金が足りない。」「教育費を払えない。」「住宅ローンを払えない。」と、ないないづくしの発想だと、実際にお金がなくなっていきます。

そうではなく、今あるお金でどれだけのことができるか考えてみてください。きっとたくさんのことができると思います。それと同時に、今あるものでどれだけあなたが恵まれているか確認してみてください。あなたが持っているものはどれだけのものがありますか?ちょっと見回してみてください。色んな物があなたの周りにあるはずです。それら一つ一つからいろんな価値を受け取っているはずです。目につく者からどんな価値を受け取っているか考えてみてください。

あなたが本当はとても恵まれていること、豊かであることに気づけると思います。これを習慣にすれば「なんとかがない!」なんて思わなくなってくると思いませんか?

そうなると、あらゆるものが「ある」現実が作られていきます。あるからもういらないと思ったら手に入るようになるんです。

探しものをやめた途端見つかったりするでしょう?それと同じですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。