うどんのたむら、ウチノ海で揉め事、頭の締め付け

ブランチにうどんのたむらへ

今日は朝からテンション低めだった。胸がグーっとする。7年前ほどではないが、少ししんどい感じ。

”存在”するだけで大丈夫だと思っていても、そういう気持ちもやってくるし、煩わしいと思える考えもやってくる。でも、以前より早く消えているような気がする。どうでもいいわと思えるようになったからだろうか。

朝昼兼用飯に、奥さんの提案でうどんのたむらに行った。ここは朝6時から営業しているうどん屋さん。初めての訪問だった。

こじんまりとした昔ながらのうどん屋さんって感じ。味は普通のうどんで特別美味しいとは感じなかったが、肉うどんが400円とドン・キホーテも真っ青の激安さ。

安くてそこそこのうどんを食べたい人にはいいかも。

ウチノ海で息子がトラブル

先日から庭に鴨がやってきている。奥さんと娘が鴨が気に入っているので、逃げてしまわないように気をつけている。そのため、鴨がいる間は家の遊具が使えない。

気分ちょっとしんどいのはあったが、息子が暇そうだったのでウチノ海公園にでも連れて行くことにした。

到着してすぐ、息子も娘も友達を見つけて一緒に遊びだした。なので、私はぶらぶら歩いて写真を撮ることにした。

写真を撮っている間、そのことだけに集中できる。時間が許すならずっと写真撮るだろうなと思うほどだ。なんでかはわからないが写真を撮るのが好きだ。

この日は花畑にいろんな花が咲いていたので、いろんなレンズを使って写真撮った。135mmのレンズはすごいな。このレンズを使っているだけで写真上手くなったような気がする。

珍しくネモフィラが咲いていた。不倫旅行で撮影したネモフィラの写真は削除したので、それ以来のネモフィラの写真だ。ちょうどミツバチがやってきて、一緒にいい写真が撮れた。

一通り花の写真を撮り終え、ウロウロしていると、息子の友達たちが一斉に自転車で駆け抜けて行くのを目にした。というかすれ違った。

みんな帰ったんかなと思ったので、息子がいる方へ行くと「置いてけぼりにされた。」と言っていた。他にも、馬鹿にされるようなことを言われたり仲間外れにされたということを言っていた。

話を聞いていて疑問点などはあったが、ひとまず息子の話をしっかりと聞いて、あとは先生に報告して対応してもらおうと思った。

17時まで時間がまだあったが、息子が暇そうにしていたので一緒にウォーキングコースを散歩することにした。歩くの結構しんどかったが、こうやって一緒に歩ける機会も無くなるんだろうなと思ってちょっと頑張った。

家に帰ると奥さんがイライラしていた。そこへ息子がトラブルの話をしだした。奥さんが私に話を聞こうと私を呼んだが、しんどかったので後にして欲しいというとめちゃくちゃ睨まれた。その上、しんどくなるくらい公園にいるのがムカつくなどの暴言を吐かれた。

なんの事情も知らんのに偉そうなこと言うな!とかあれこれそれに対して反論する考えがやってきたが、在ることに意識を向けるうちに不思議とどうでも良くなってきた。今までなら思ったことをぶつけてさらに口論になっただろう。

結局、私が口を挟むことはほとんどなく、奥さんと息子で話の収拾をつけていた。

ストレス感じたからか知らないが、頭がグーっと締め付けられる感じがしていた。こんなにしんどいのは1年ぶりくらいだ。これまでも少しはあるが気にならない程度だったが、キツすぎてもう何もしたくなかった。何かわからない体のだるさもあったし。

そこへ息子が「遊ぼう。」と誘ってきた。昨日、ちょっとしんどかったから断ったところだったので、今日はなんとかしようと思った。そこへ、奥さんが「ママと遊ぶんはどう?」と声をかけてくれた。これは本当に珍しいことだった。嬉しかった。そんなに長い時間ではないが、子供達も一緒に遊んで楽しそうだった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。