あらゆる言動の質を格段に上げる方法

「あ、自分で自分の邪魔をしている!!」
これに気づいたのは大きな収穫でした。ええ、本当に大きな収穫です。

私はゲームが好きで、性懲りもなくスプラトゥーン2をずっとやってます。ただやっているだけじゃなく、自分の心の動きなどを観察しながらやってました。
それでやっとわかったんです。なぜうまくいかないのか。そして、これはゲームだけじゃなくて人生全体のなにか行動をとるときに共通していることでもあります。

必見ですよ。

スプラトゥーン2は相手を倒してなんぼみたいなゲームです。そこで、いかにうまく相手を倒せるかが肝なんですね。うまく、すんなり相手を倒せるときと、なぜかやられてしまうときがあって、その時の心の動きがどうなっているかを観察していました。すると、なぜかやられてしまうときは、「あ、今なら倒せる!」と思って倒そうと思考が働いている間によけられたり返り討ちに遭ったりしていたのです。逆に、すんなり相手を倒せるときは画面をタダ見ていただけでどうやって倒したのかもよく思い出せないことが多くありました。

うまくいかないときは、「こう動こう」「こう操作しよう」と思考が働いてから動くので、実際に動くまでに時間がかかっていました。しかも、こういうときって中々思ったように動かないのです。

うまくいくときはほとんど反射的に動いていました。身体が勝手に動く感じです。

そこに気づいたのでちょっと実験してみました。
頭で色々考えながらプレイするのと、ただ画面を見ることに意識を向けるだけの時と、どっちが良い結果を出せるかという実験です。
結果は圧倒的に後者でした。前者の場合は3分間に敵を1人か2人倒せたら良い方で、しかもなかなか勝てません。後者の場合は同じ時間で8人敵を倒して見事に勝ちます。

ああしよう、こうしようという意図なしです。画面を見ること、動きに意識を向けていただけです。後は身体が勝手に動きます。動かそうとしなくても反射的に動いてくれるのです。

「ああ、自分を邪魔しているのは自分の思考だったのか。」と体験することができました。それ以降、役に立たない場面で思考を使うことを極力減らしました。起きている間の99%の時間は思考を使う必要がない場面です。「え?しゃべってるときも?」と思われるかもしれませんが、そうです。相手の話を聞きながら、どうやって返事しようかどうか考えたりする必要はなく、相手が話し終わったら自然と言葉が出てきます。もちろん、聞いてないと会話にはなりませんよ。

思考無しで行動してみてください。「こうしよう。」とか「これをこうしてどうのこうの。。。」と考えることなく、身体を信頼してみてください。観ることに意識を向けてみてください。慣れてきたら、観ているだけでも「いまここ」「プレゼンス」「エクスタシー」を感じられるようになります。身体は勝手に動いて、気づいたらうまくいっています。

最近ゲームをしながら「なんで昔はもっとうまかったのに、年を重ねる毎に下手くそになるだろう?」と疑問でしたが、ここに答えがありました。いちいち考えながら動いているからうまくいかないのです。あれこれ考えるクセがついているので、考える必要がない場面でも考えに意識がとられてしまってうまく動けないんでしょう。

そして、思考があれこれ動くときは必ずといっていいほど「結果への執着」があります。得たい結果、もしくは得たくない結果があるほど「ああしないと」「こうしないと」「どうすればいいんだ」と思考はうるさくやってきます。

結果への執着がなくなれば、つまり「どっちでもいい」と思えれば、思考があれこれ考える必要はありませんので、あまりやってきません。

「どっちでもいい」と思えないとき、必ずといっていいほどあなたは映画の登場人物として出来事を経験しています。それはそれで悪いことではありませんが、問題や執着にまみれて苦しくなります。
映画の登場人物ではなく、映画の観客として映画を観ているだけの時、出来事や状況に対する執着はありません。観ている映画が面白ければ何が起きても構わないのです。そして、映画の観客の立場で人生という映画を観ているとき「幸せ」「安らぎ」「心地よさ」が得られます。これらこそ、思考があれこれ考えて最終的に得たい結果、状態なのです。

ゲームや何かの遊び、掃除や片付けなど、映画の登場人物としても結果に執着しなくていいものから練習してみてください。あなたはタダ観ているだけ。身体が動くに任せてみてください。慣れてくると、以前あれこれ考えながらやっているときと成果を比べるとビックリすると思いますよ。

 

※内容が矛盾していると感じた場合は、新しい日付の記事を採用してください。

おすすめ記事

最近の投稿

Photo Gallery

私が撮影した美しい写真がたくさんあります。ぜひ観ていってください。癒されますよ。

ギャラリーを見る

1件のフィードバック

  1. いつもお世話になっております。
    楽しみにブログ拝読しております。
    実践できることは、日々実践しております。
    今後ともよろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。