あなたもこんな買い物の仕方をしていませんか?

私は車が好きなので、車関係のニュースが配信されるサイトをたまにチェックしています。そのサイトに、ベンツのCクラスという車に乗った感想を評論家?が書いた記事があったので読んでみました。

すると、こんなことが書いてありました。うろ覚えですが、こんな感じです。

「車自体は申し分ない。とてもいい。ただ、この車と同じ金額を出せばスバルのレヴォーグ2台買える。果たしてその価値があるかどうか・・・?」

こういう考えはやめましょう。

確かに、同じお金を出せばスバルの車が2台買えるかもしれませんが、スバルの車を何台買ったとしてもベンツにはならないのです。

私も未だに頭をよぎることがありますが、あなたも同じようなことを考えないでしょうか?

例えば、欲しい物があります。食べたいものがあります。行きたいところがあります。でも、結構高額です。その時に「これを買う、食べる、行くくらいなら、別のものが複数買える、食べられる、行けるんじゃないか・・・」と考えて、一番欲しい物を妥協してしまうことです。

確かに、同じ金額を出すなら別のものを複数買ったほうがお得かもしれません。しかし、本当に欲しいものを買った時の満足感や価値を得ることができなくなります。妥協して買い物をしたところで、そこに待っているのは「後悔」のみです。本当に買いたいものを買えなかったしこりが残り続けます。

常に一番欲しい物を選ぶようにしましょう。値札は無視しましょう。安いから買う、高いから買わない、お得だから買う、割高だから買わないという世界から卒業しましょう。その逆もそうで、高いから買うというのも違います。

あなたに必要なお金は常に得られるようになっています。値札を気にして欲しいものをあきらめるような買い物の仕方をしていませんか?

※内容が矛盾していると感じた場合は、新しい日付の記事を採用してください。

おすすめ記事

最近の投稿

Photo Gallery

私が撮影した美しい写真がたくさんあります。ぜひ観ていってください。癒されますよ。

ギャラリーを見る

1件のフィードバック

  1. これ、私が中川さんの教えの中で唯一出来ている事かもしれません。
    小さい頃から祖父に「一番いいものを買え」と教わってきました。
    最初は優越感から買って自慢ばかりしていました。でも最近そういうことじゃないと思ってきたんです。
    悩んで吟味して結局一番高いのを買うのですが、やっぱりコレ買って良かった!最高だ!としか思わないんです。気に入りすぎて10年以上手放せないものが結構あります。(車、財布、テレビ…。)
    逆もあります。
    結婚式で着るドレスを何件も何着も悩んで吟味して値段を気にせずコレ!!と決めたら一番高価なものでした。笑。もちろん、後悔はありません。素敵な素敵な思い出になりました。(でもそういえば車と財布以外は主人がお金を出してくれました…(;´д`))
    主人は倹約家なので記事に書かれてあることをよく言います。そして私には「どうせまた一番高いの買うんでしょ?」と言います。
    でも気にしません!
    自分にとって一番いいものを買って愛する自信があるからです♪
    (結婚して7年経ってもまだ主人が好きなので妥協しなくて良かったです。笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。