あなたの人生をガラッと変える2017年おすすめの抱負

年末年始にやることの一つに「今年の抱負」や「目標」を設定するということがあります。あなたはどんな抱負や目標を設定されるでしょうか?まだ決まっていないというあなたに、私から一つおすすめの抱負を紹介します。それは、

「すべてのもの、ことに感謝する」

というものです。あなたが目にするものや耳で聞くもの、あなたが関わる人やあなたが体験することすべてに感謝できる点を見出すということです。

これができればあなたの人生はガラッと変わります。なぜなら、あなたの意識が強力に「ある」方向へ固定されるからです。あなたが意識を向けたほうが拡大するという法則があります。つまり、あなたが物事の「ある」方向、満たされている方向へ意識を向けるならそれが拡大してそれを経験するようになります。逆に、あなたが物事の「ない」方向、満たされていない方向へ意識を向けるならそれが拡大してそれを経験するようになるということです。

あらゆる物事に感謝できる点を見つけて実際に感謝することは「ある」方向、満たされている方向へ意識を向ける行為です。それから、あなたが与えたものがあなたが受け取るものという法則もあります。あなたが感謝を向けるなら、あなたが受け取るものは感謝です。お金は感謝が形になったものですから、お金という形で感謝を受け取る機会も増えるでしょう。

しかし、実際はあらゆるものや事に感謝できる点を見出し、実際に感謝することは至難の業のように思えます。そこで、そのためのコツを紹介します。それは、本当は何もないという事実を確認することです。本当は何もありません。あなたや私が見ている世界は脳が起こしている錯覚にすぎません。本当はそこになにもないのです。本当は誰もいません。

これは科学的にも解明されているようです。物質を小さく小さく分割していくと原子、分子、素粒子となっていきます。素粒子を更に小さく分割するとひもになるようです。ひもを更に分析すると、それは宇宙の向こう側、宇宙がないところにたどり着くようです。

本当は無いのに自分や世界があることを体験できている。「有り難い」ことなのです。つまり、何かが目に見えたり聞こえたり触れたり体験できること自体が「有り難い」ことだということですね。これだけですべての物事に感謝する理由が一つ見つかります。

それに関連してコツをもう一つ。何かを失ったり誰かと別れたりしてから「あれ(あの人)のありがたみがよくわかったよ。」と思った経験がありますよね。それを常日頃から意識しておくことです。普段あなたが何気なく使っているものや関わっている人は本当は「ない」んだという前提条件を採用します。そうすると、どんなものでも使えること自体にありがたさを感じますし、関わっている人にもありがたさを感じられます。

あるのが当たり前だと思っていると、どんなものにも出来事にも「これくらいのものは得られるだろう。」という期待値を設定してしまい、その期待値を下回るとストレスや苦しみが生じます。しかし、無いのが前提であればある事自体が有り難いことになります。そうなると、期待値はありませんからどんなことにも感謝できるようになります。

さて、感謝するのが一番難しいのはネガティブだと判断できる出来事や状況に対してでしょう。これに対しても、これまで書いてきたことを適用できます。そんな出来事や状況を経験することは本当はできないことで、それすら有り難いことなんだという視点を持つということです。次に、ネガティブだと判断できる出来事や状況を経験すると、必ず感情を得られるはずです。その感情を感じきれば自分で制限を加えるために設定した信念を解放することができるので、できることが増えるのです。つまり、ネガティブな経験を体験し切ることで、できることが増えます。ということは、本当はポジティブな経験です。こう思えば自然と感謝できるようになります。それから、このネガティブな経験を経験するという勇気を出した自分自身にも感謝することが出来ます。

あらゆる経験はあなたの身体を通して行われます。そのことに対して、あなた自身への感謝も忘れないようにしましょう。

2017年1年間、あらゆるものに感謝することをやりきってみてください。あなたの人生がどう変わっているか楽しみですね。

それでは、良いお年を。
P.S 私も2017年はどんな風俗嬢がやってきても感謝したいと思います。ヤラせてくれる事自体がありがたい(笑)

※内容が矛盾していると感じた場合は、新しい日付の記事を採用してください。

おすすめ記事

最近の投稿

Photo Gallery

私が撮影した美しい写真がたくさんあります。ぜひ観ていってください。癒されますよ。

ギャラリーを見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。