あなたが望んでいる姿を見つける意外な方法

あなたが望んでいる姿を見つける意外な方法

「私は何をしたいんだろうか?」
「どんな風に生きていきたいんだろう?」
そんなことで迷うことがあると思います。これは、答えを自分の中に問いかけて放っておくと、自然と浮かび上がってきます。

自然と浮かび上がってくる前に、自分がなりたい姿を見つける方法を見つけたのでシェアします。それは、あなたをイラつかせる人を見つけることです。

あなたにも、1人や2人、3人4人、10人100人とあなたをイラつかせる人がいると思います。実は、そのイラつかせる人こそあなたがなりたい姿だったりします。

たとえば、見る限り何の才能も無さそうなのにテレビで活躍している芸能人を見たとしましょう。私はそういう人たちにはかなりイライラしていた方です。その時の私の気持ちはこうです。
「何の努力もしていないのに、なんであんなやつがテレビに出れんねん。死ね!」

もう少しこのときの気持ちを深掘りしてみるとこうです。
「こっちは一生懸命努力しているのに思ったような成果が出ない。あっちは努力などしていない(ように見える)のに成功している。」

これで本音がわかります。本音は「努力なんかせずに成功したい。」のです。しかし、「成功するためには努力が必要。」という信念があるがために、努力をやめられません。でも、自分の信念に反して成功している人がいるので、やりたくないことをやっている気持ちが前に出てきてイライラしてしまいます。

信念=ルールです。ルール違反するやつは許せないのです。
その信念も自分で勝手に採用しているだけなのですが。

もし、その時私が努力なく成功している人であれば、テレビに出ている人を見てイライラすることはなかったでしょう。

こんな例はどうでしょう。
子どもは周りのことなんかお構いなしですよね。レストランなんかに行っても平気で大声を出しますし、騒ぎます。でも、大人はそうはいきません。周りの人に迷惑をかけてはいけないというルールがあるからです。子どもが騒いでいるとイライラして子どもを怒ります。私もそういうときがあります。

でも、本音は周りの人のことなど考えずに自分がやりたいようにやりたいのです。しかし、そんなことをしてはいけない、周りの人に白い目で見られるようなことをしてはいけないという信念を採用しているのでそれはできません。にもかかわらず、目の前でやりたいようにやっている子どもを見るとイライラしてしまいます。

自分も周りのことなど気にせずに好きなようにやっていたら、騒いでいる子どもにイライラすることはありません。

このように、全部ではないかもしれませんがあなたをイライラさせるものの中にあなたの本音が隠れていることがあります。

ということで、次回から何かにイライラしたら「本当は自分もそうなりたいんじゃないの?」と自問してみましょう。

P.S 私は顔に精子をかけてはいけないというルールを設定しています。なぜなら、とても後悔するからです(笑)

Let us know your thoughts about this topic

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です