あなたがするべき仕事とは一体何か?

あなたがするべき仕事とは一体何か?

仕事というと、手足や体を動かして何かするイメージがあると思います。逆に、何も動かしていないと仕事をしていないととらえられます。

ここで少し考えてみてください。手足や体を動かして「仕事」する目的は何でしょうか?簡単なもので言うとお金を得るためというのがあるでしょう。それから、自分を認めてもらうためというのもあります。専業主婦なんかはそうですね。家で主婦業をしていても稼げるわけではありませんが、ソファーで横になってせんべいばっかり食べていたら、夫から認められなくなってしまうかもしれません。

お金を稼いだり、自分を認めてもらうことで現状をよくしたり、または悪くならないようにしています。ということは、仕事をすることによって現状をよくしたり、悪くならないようにしていると言い換えることができます。

仕事を現状をよくしたり、悪くならないようにするための行為だと定義するなら、手足や体を動かすことだけが仕事ではなくなります。

あなたが体験している現実、つまり現状はあなたの内面が投影されています。ということは、内面をよくすればあなたが経験する現実はよくなります。ということは、それも仕事ですし、それこそあなたがすべき仕事です。

手足や体を動かして何かを得ようとしたり、失わないように対策したりすることは、すでに上映されてるスクリーンを変えようとしたり変わらないようにしようとしているのと同じです。意味がありません。映画の内容を変えたいのであれば、スクリーンではなく映画のフィルムを変える必要がありますよね。それこそあなたがやるべき仕事です。

自分の内面をよくする、整えることも仕事だと認識できれば一日中仕事することができます。しかも、あなたが経験する現実を作るところにダイレクトに働きかける仕事です。とても効率がいい仕事です。

一つ勘違いしないでいただきたいことがあります。それは、自分の内面をよくする、整えるだけで何でもうまくいくのかというとそうではありません。ベンツが欲しいと思って願っているだけで車庫にベンツが現れることはありません。インスピレーションや直感に従って行動する必要はあります。このインスピレーションや直感はあなたの内面が整っているときに降ってきます。それは思考が止まっているとき、今この瞬間を生きているときです。

ということはまとめると、あなたの仕事は今この瞬間を生きることだと言えます。今この瞬間を生きていないときは仕事をサボっているのです。

もう一つ、仕事には自分を表現するというのもあります。「仕事」を通して自分を表現します。歌を歌ったりダンスを踊っている人などはそうイメージしやすいですね。もちろん、歌を歌ったりダンスを踊ることだけが自分を表現することではありません。私のように言いたいことを文章にすることも一つですし、レジ仕事でも自分を表現することはできます。

自分を表現するというのは、言いたくなったことややりたくなったことを思考のフィルターを通さずに実行することです。それは今この瞬間に生きているときに成されます。何かをしようとしなくても、勝手に言ったりやったりしている状態です。

2つをまとめると、あなたの仕事は今この瞬間を生き、あなた自身を表現していくことということになります。

あなたは今日、どれくらい仕事しましたか?

P.S 私は自分の男性自身を表現しすぎなので、ちょっと自粛しないと行けないかなと思ったりします(笑)

Let us know your thoughts about this topic

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です