【子育てについて5】子どもに怒りたくなった時

初めから読む場合はこちら

これまでに「あなたの決定=結果」「決定したらすぐそうなる」「望まない決定を知らぬ間にさせられていること」をお伝えしてきました。ここからは、これらのことを日常生活に応用していくためのアドバイスを書いていきたいと思います。

怒りたくなった時

怒りたいなら遠慮せず怒りましょう。それだけです。あなたが怒ることで子どもが幸せになるか不幸になるかは関係ありません。あなたが「私の子供は幸せだ」とか「幸せな子供を持つ幸せな私」という決定をしているならば、なにをどうやってもあなたの子供は幸せになります。

怒った後で自分を責めるのはやめましょう。「怒ることはよくない」という考えは誰の考えでしょうか?あなた以外のだれかが勝手に決めたものにすぎません。あなたは怒りたいから怒った。それだけです。いいも悪いもありません。一つの感情表現にすぎません。

「ひどい怒り方をしてしまうと、子どもを傷つけてしまう。」そんなの関係ありません。傷つくかどうかは子どもの選択であり、あなたが選択できることではありません。あなたが「誰かに傷つくことを言われたら傷つく」というルールを設定しているにすぎません。それに、たとえ傷ついたとしてもその子どもが幸せを感じるなら傷つくことに何か問題はあるでしょうか?あなたが「私の子供は幸せ」と決定するなら、たとえその場は傷ついたとしても、その傷がその子どもの幸せに役立つようになります。「あの時はお母さんひどい!って思ったけど、あの時の言葉があったから今の自分がいる」というような言葉をかけてくれる出来事が起こるでしょう。

私の母親が「私の子供は幸せ」という意図を持っていたかどうかはわかりませんが、私の母親はひどく私たち兄弟を起こる母親でした。手を出すのは当たり前で日常茶飯事です。人格否定するような言葉も当然の如く言ってきます。さらには、2度の離婚で経済的な苦労まで経験させてくれました。
そこだけを切り取れば、私の母親は最低な母親ですし、そんな中で育った私は不幸のどん底にいても仕方ありません。しかし、私は私と同じように複雑な家庭環境で育った人、親の愛を十分もらえずに育った人の苦悩を理解、共感できるようになりましたし、その人が幸せを感じられるようにアドバイスすることができるようになりました。また、経済的な苦労をしたおかげで、お金というものに興味が湧き、それを知り、最終的には人生の秘密、自分が人生を作っていて、自分の好きなように絵をかけるということまで知ることができました。

私は、母親の育て方や育ってきた環境に関係なく「幸せになる」と意図して今、幸せになりました。ということは、母親の育て方などは一切関係なく、当人の人生は当人の選択肢代で同にでもなるということです。だから、あなたがあなたの子供を幸せにするためにできることは、怒るのを我慢することではなくて、自分で自分の人生を決めることができるのよということを、あなたが行動で示してあげること、教えてあげることだと思います。

怒りたいなら怒ってください。怒りたくないなら怒らなければいい、ただそれだけです。あなたの気が楽になるようにしてください。

怒りたくないのに怒ってしまう時は?

怒りたくないけど怒ってしまうという場合もあるでしょう。その場合は「怒ることはよくない」という判断や、「怒ると子供に悪影響だから」という判断、つまり誰かの考えに左右されて怒りたくないのか、それともあなたの“気持ち”から怒りたくないと感じているのか区別してください。

前者ならそんな考えなど御構い無しに、怒りたければ怒ってください。イライラしたければ散々イライラしてください。あなたの言動があなたの決定に影響を与えることはありません。

後者の場合は、「怒りが発生するメカニズム」を知っておくといいと思います。

怒りが発生するメカニズムとは、一言で言えば「思い通りにいかなかった時に怒りが発生する」ということです。
あなたが「これはこうであるべき」という基準やルールを持っているとします。それに反することが起きます。そうすると、怒りやイライラが発生します。
思い通りに言っている時に怒りやイライラが発生することはありませんよね?

メカニズムについて理解したら今度は「思い通りに」のところをチェックしていきましょう。この思い通りも二つあります。一つは「これはこうであるべき」という基準やルールに合致しているかどうかです。もう一つは「こうしたいのに」というあなたの“気持ち”からくるものです。
前者の場合は、あなた以外の誰かが設けた基準やルールにすぎません。あなたにとって必要ないものであれば捨ててしまいましょう。何かの出来事に対して怒りやイライラが生じた時、どんな「こうであるべき」という考えを持っているかチェックしてみてください。例えば、あなたが会社に行かなければいけないのに、子どもがグズグズしてなかなか家を出られない状況だとします。こんな時はイライラしますよね。では、なぜイライラするのでしょう?それは「時間通りに出社すべきなのに」という基準を持っているのに、その基準通りの行動を自分ができなさそうだからです。他にも「急いでいる時はさっさと準備をすべき」という考えや「子どもは親の言うことを聞くべき」という考えもあるかもしれません。

これらの考えが一つもなければ、子どもがグズグズ準備をしていてもイライラすることはないでしょう。そもそも「グズグズ」という印象すらないかもしれません。

この例で、持っている考えが本当に必要かどうか検証して見ましょう。まず「時間通りに出社すべきなのに」という考えです。これは至極当然のように思われますが、本当にそうでしょうか?時間通りに出社しないといけないというよりも、時間通りに出社しないことで、あなたが不利益を被ることが問題で避けたいと思っているから「時間通りに行かないと!」と思い込んでいるだけではないでしょうか?仮に、遅刻したところで怒られることもなく、減給されることもなく、その他不利益が一切なかったとしたら、「時間通りに出社すること」にこだわってイライラする必要があるでしょうか?
怒られる、不利益を被るとあなたが決定すれば、それはそうなります。「あなたの決定=結果」だからです。では、その逆はなんでしょう?怒られる、不利益を被ることの反対は「安心」ではないでしょうか?ではあなたが「安心」を決定すれば、遅刻しても安心する結果になりますよね。完全に遅刻すると思っていたのになぜか時間に間に合うこともあるでしょうし、遅刻したけど上司も遅刻してて怒られなかったりとか、いろんなケースで安心できる結果になるでしょう。

では、遅刻しても安心していられるとすれば「急いでいる時はさっさと準備すべき」という考えを刺激せずにすみます。だって、もう急いでいないからです。

最後の「子どもは親の言うことを聞くべき」という考えを持っていると、いうことを聞かないと怒ったりイライラしてしまいます。あなたは「私の子供は幸せ」という大きな決定はできますが、子供をはじめとして、あなたの人生に出てくる登場人物一人一人の一つ一つの行動までコントロールすることはできません。(そんなことをする必要すらありません)これは、アマゾンで注文した商品をどんなルートで配送させるかいちいちヤマトに指示するようなものです。そんな必要はありませんよね?
ということは、あなたがして欲しいことと、あなたの子供がすることに差や違いが出てくるのは当然です。

さて、「子供は親の言うことを聞くべき」という考えは一般的には当たり前だと思われているっぽいですが、その考えを採用することでどんなメリットがあるのでしょうか?
親は子どもの幸せを願っていますね。親が子供に「こうしなさい」というのは、最終的にはその子の幸せを願ってのことです。つまり、親の言うことを子供が聞くことの目的は、その子供が幸せになることですね。でも、ちょっと待ってください。あなたの子供の幸せはあなたの決定で決まっていて保証されています。ということは、あなたの子供があなたの言うことを気候が聞くまいが、あなたの子供は幸せになるんじゃないですか?
なら、「子供は親の言うことを聞くべき」なんていう考えを持っていても、イライラするだけで何にもいいことはないんじゃないですか?

もちろん、言うことを聞かせたいと思う場面があるなら怒るなりして聞かせても問題ありません。あなたの気が楽な方を選んでください。してはいけないことなどありません。

あなたに自由をもたらすたった2文字の言葉

この2文字があなたに自由をもたらします。自由になるために他のものはもう必要ありません。たったこれだけで良かったんです。あなたの旅の終わりです。

もう何かを学ぶ必要も無ければ、何かを練習する必要もありません。何かをコントロールする必要もありません。何かを手に入れるために悪戦苦闘する日々も終わります。

スピリチュアルな学び、実践も終わります。

自分以外の何かになる必要も無くなります。何かを目指す必要も無くなります。

まぁ、そうなるためには少し時間は必要だと思います。でも、確実に少しずつ苦しみが終わっていきます。

あなたらしく生きられるようになります。あなたの人生を生きられるようになります。本物の自信が身につきます。

フォトブック(pdf)でお届けします。購入後すぐダウンロードできます。値段は500円です。

最近の投稿

ハプニング、Bubo、うまくいった犬の撮影
ハプニング、Bubo、うまくいった犬の撮影

ハプニング、Bubo、うまくいった犬の撮影

中川優也 11 5月 2021 中川優也の人生 0

今日も朝6時に目が覚めた。気持ちは大丈夫だったが、寝不足の気持ち悪さがあった。これも自分に

Read More
全部自分、はるきのラーメン、無を手に入れる
全部自分、はるきのラーメン、無を手に入れる

全部自分、はるきのラーメン、無を手に入れる

中川優也 11 5月 2021 中川優也の人生 0

今日は、朝早起きしたというかさせられた。いつも7時に目覚ましをセットしている奥さんが6時に

Read More
母の日
母の日

母の日

中川優也 10 5月 2021 中川優也の人生 0

今日は母の日。母の日だと気づいたのが昨日だったこと、昨日は夕方から夜のかけて体調が良くなか

Read More
自由、幸せについての実感
自由、幸せについての実感

自由、幸せについての実感

中川優也 07 5月 2021 中川優也の人生 0

昨日から子供の学校が始まった。特に何もしなかった連休だったが、それはそれでアリだなと思う。

Read More
特に何もなく過ぎていったGW
特に何もなく過ぎていったGW

特に何もなく過ぎていったGW

中川優也 05 5月 2021 中川優也の人生 0

ゴールデンウィークが始まる前、始まった頃は「何かやりたいな。」と思っていた。普段できないよ

Read More
最近の心境の変化など
最近の心境の変化など

最近の心境の変化など

中川優也 03 5月 2021 中川優也の人生 0

久しぶりの日記。特に書くことないなぁ〜と思って飛ばすと、そのままズルズル飛んでしまう。最近

Read More
イオン、車の相談、愚痴の電話
イオン、車の相談、愚痴の電話

イオン、車の相談、愚痴の電話

中川優也 28 4月 2021 中川優也の人生 0

無条件について感じたこと自由とはあらゆる条件付けから解放されること。この言葉はわかりやすい

Read More
無条件について、澤でラーメン、信じられないテスラの対応
無条件について、澤でラーメン、信じられないテスラの対応

無条件について、澤でラーメン、信じられないテスラの対応

中川優也 27 4月 2021 中川優也の人生 0

無条件について何も信じられない。そう検索してみた。すると、クリシュなんちゃらっていう人の本

Read More

同じカテゴリの記事

こちらも読んでみませんか?