【子育てについて16】不安や罪悪感への対処方法

はじめから読む場合はこちらから

全く新しい子育て方法についてお伝えしてきました。この子育て方法の本質は「〜したら〜になる」という恐れを元にした思考から抜け出すことです。〜から抜け出すという思考自体、〜が存在することを認めてしまうことになるので、あまりいい表現ではありませんでした。なので、「あなたの決定=結果」の子育てをするための方法をお伝えしてきました。それが全てで、あとは何も関係ありません。決定した後に起こることは全て、あなたの決定に向かって進んでいるのです。

この子育て方法をやっていると、とても気が楽になるでしょう。何をしても大丈夫。もう正解を探さなくていい。全てが正解だからです。何も考えず、ただその時したいことをし、言いたい事を言い、したくない事をしないという生き方をしてください。

しかし、間違いなくあなたは悩まされることになるでしょう。それは約束します。何に悩まされるというのでしょう?それは「不安」と「罪悪感」です。「本当にこんなことでいいのか?」という不安と、「本当は〜しないといけないんじゃないか?」「本当は〜してはいけないんじゃないか?」という罪悪感です。これらに、まぁまぁの期間悩まされることになるでしょう。初めから分かっていた方が安心できると思うので伝えておきます。

不安や罪悪感の正体はなんだったでしょう?覚えていますか?もし覚えていないなら、こちらの記事を読んでから戻ってきてください。

あなたに望まない決定をさせているのは誰か?

不安や罪悪感は、全部あなた以外の人の声です。あなた以外の人の考えです。あなたのものではありません。それらの声に突き動かされるということは、あなたは他人の指示を聞いて他人の人生を送ることになってしまいます。あなたが送っているのはあなたの人生です。あなたの声に従って動いてください。

不安や罪悪感は、すべて無視してください。「誰かが何か言ってるな」と聞き流してください。そして、思い出してください。「私の決定=結果だ」ということを。すべての出来事はその結果に向かって進んでいることを。

でも、きっとキツイ不安感や罪悪感に苛まれることがあるでしょう。そんな時は、浮かんでくる言葉を紙に書き出してみましょう。言葉を選ばなくていいので、思いつくままどんどん紙に書き出します。すると、少しずつ気が楽になるでしょうし、本当はあなたがどうしたかったのかわかるようになってきます。

書き出したものは破って捨ててください。もし、あなたの本音がわかったなら、それを実行すればいいです。

罪悪感については、一切感じる必要はありません。罪悪感とは「悪いことをした」ということですね。しかし、その「悪い」という考えや気持ちは一体誰基準なんでしょうか?あなたが決めたことでしょうか?それとも、誰かに言われただけで、それをあなたが「私がこう考えている」と決めたことではないでしょうか?なぜ、あなたの人生なのに他人が決めた「いい」「悪い」の元に生きなければいけないのでしょうか?あなたの人生なら、あなたが「これでいい」と決めたことに従って生きればいいのではないでしょうか?

そして、そもそも「誰が」悪いことをしたのでしょう?本当に「悪い人」なんているのでしょうか?これについて詳しくは、私の著作「借金3000万円 30歳(無職)がセレブになった実話」を読んでもらえると、詳しく書いてあるので買って読んでみてください。

あなたは何も悪くありません。あなたがやったわけではありませんし、例えあなたがやったことだとしても、あなたがやったことあなたの存在自体を混同しないでください。何があっても、あなたは完璧で素晴らしい存在です。いつでもその態度でいてください。

その態度でいられるようになると、あなたの子どもの言動と子どもの存在自体を混同せずに見られるようになります。子どもが何かするしないに関わらず、愛せるようになるでしょう。そうすると、子供は安心していられます。伸び伸びできるでしょう。やりたいことができるようになります。言いたいことが言えるようになります。自由に自分を表現することができます。自分を思うまま表現すること。それがいちばんの幸せです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。