【子育てについて10】原因探しがうまくいかない唯一の原因とその根本原因

はじめから読む場合はこちら

あなたは子育てに限らず、何か思い通りにいかなかった時にこう考えるでしょう。「何がいけなかったんだろう?」「なんでこうなったんだろう?」そして、その原因を自分自身に向けていませんか?「私の何がいけなかったんだろう?」と、自分の悪いところ探しをしていませんか?

それこそが、あなたがうまくいかない唯一の原因です。それをもうやめましょう。
あなたは幸せになりたいと思っています。子供にも幸せになってもらいたいと思っています。それは心の底からそう思っているでしょう。でも、あなたはこう考えます。
「幸せになりたい。でも、私はまだ〜ができていないから幸せにはなれない。」
「幸せになりたい。でも、私はまだ〜をしてしまっているから幸せになれない。」
という具合です。そして、その条件が満たされるまで幸せを延期してしまいます。
そして、それが永延と続いていきます。仮に、今あなたが設定している条件をクリアしたとしましょう。でも、また何か違う条件を見つけてきて、それをクリアするまで幸せになることを延期するのです。

例えば、あなたも経験があるでしょう。「結婚したら幸せになれる」という幸せに対する条件です。あなたはその条件をクリアするために、あれやこれや努力して、ようやく結婚という幸せの条件をクリアしました。そして幸せになりました。おめでとうございます。。。で終わってないですよね。あなたはまた何か違う「幸せになるための条件」をクリアするために頑張っていませんか?

それは子供を作ることかもしれません。マイホームを買うことかもしれません。何かはわかりません。しかし、また何か別の幸せになるための条件を設定していませんか?そして、それがまだ達成されていないから幸せじゃないという「決定」をしていませんか?

スピリチュアルな学びを始めたとしたら、握っている信念を手放せていないからとか、クリーニングが十分にできていないからとか、十分にいい気分でいられなかったからとか、ネガティブな感情や思考に囚われてしまったからとか、そういう条件付けを採用して、だから私は幸せじゃない、幸せになってはいけないという「決定」をしていませんか?

「あなたの決定=結果」なので、あなたが「幸せじゃない」「不幸だ」と決定し続けている限り、あなたが何をやってもそうなります。どれだけ、あなたが自分で設定した幸せになる条件をクリアし続けたとしても、あなたが幸せを感じるのはその条件をクリアしたその瞬間だけで、またすぐ不幸になってしまうのです。

もうそんな、幸せになる条件づけや、幸せになれない原因探しをやめましょう。そんなものはないのです。何も関係ありません。あなたの決定が全てです。「私は幸せだ」と決定してください。思考が幸せじゃない原因探しを始めたら、「そんなの関係ねぇ!」と小島よしおのように対応してください。

では、なぜこんな不毛な幸せになれない原因探しをし続けてしまうのでしょうか?それは、あなた自身があなたに対して「私は問題がある」という決定をしているからです。もう少し詳しくいうと、あなたが誰かから聞いた(大体は親)お前には問題があるという言葉を真に受けて信じてしまったからです。

だから、あなたの思考や言動の前提は「私には問題がある」というのが前提になっています。その前提があるから、「私の何が悪かったんだろうか、、、」と、あなた自身に問題を探してしまうのです。そして、その問題が解消されない限り幸せになってはいけないという決定をしてしまいます。

あなたは何も悪くありません。あなたが原因で何か良くないようなことが起こったとしても、それはただ起こったことです。あなたが罪の意識、罪悪感を感じる必要はありません。それは辛いだけです。

人生は映画のようなものです。映画の中で起こることの原因は映画の中にありません。全て映画の外、脚本、監督の頭の中にあります。映画の中での登場人物の言動に、何か悪いと思えるようなこと、悪いことが起こる原因と思えるようなことがあったとしても、その登場人物が悪いわけではありません。映画の台本がそうなっていたというだけの話です。

だから、あなたは悪くありません。自分を責めるのはやめましょう。あなた自身の問題探しもやめましょう。あなたは何も問題ありません。そのままで完璧で、素晴らしい存在なんです。

自分に問題がある。私は悪いことをしたと考えるよりも、私は何も悪くない、ただ起こっただけだと考える方が、気が楽じゃないですか?あなたがどう捉えても、「あなたの決定=結果」です。だから、結果は保証されています。それなら、気が楽になる捉え方をした方がいいと思いませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。