【子育てについて1】なぜ、子育てで苦しむことになるのか?

初めから読む場合はこちら

子育てで悩み、苦しんでいる人はたくさんいると思います。私自身、たくさんの夫婦特に奥さんから子育てのことで相談を受けてきたからわかります。悩む原因はいろいろありますね。言うことを聞かないことから始まって、なかなか寝ないとか、学校に行かないとか、どんな言葉をかけていいかわからないとか、実は子供のことをあまり好きじゃないとか、、、
そして、言うことを聞かせるためにあれこれ考えたり調べたり、寝かすためにあれこれ調べたり何かしたり、学校に行かせるためにあれこれ調べたり、誰や彼やに相談したり、、、でも、必ずしもうまくいくとは限らない。やってみてうまくいかなかったら、また調べるところからやり直し、、、くたびれますよね?

それから、あなたは子供を幸せにするために、いい母親になろうとしますね。作る料理から始まって、どんな言葉をかけるのか、接し方、通う学校、しつけの仕方などなど、たくさんの「いい母親」とされる基準を満たそうとしますね。そのために努力しようとしますね。あなたは頑張ってると思います。しかし、誰かが決めた「いい母親」の基準を満たしたところで、子供が言うことを聞かなかったり、思うように育たないケースはありますよね?そこであなたは落胆し、怒りを覚えることになります。「なんでこんなに一生懸命やってるのにうまくいかないんだろう?」

大事に大事に育てて、たくさん習い事もさせて、いい学校に通わせたのに引きこもりでニートになったみたいな話はよく聞くじゃないですか?
一方で、ほったらかしでヤンキーみたいな親に育てられて学校もろくに通わなかったのに、成功して幸せになってる人もいますよね?

一体何がどうなってるんでしょう?
もしかして、どう育てるかなんて子供の将来には関係ないのかも、、、

そうです。どんな育て方をするかと、子供の将来というか子供が幸せな人生を送れるかどうかは一切関係ありません。あなたが子供にとっていい母親であろうがそうでなかろうが、子供の幸せには一切関係がないのです。

信じられますか?一切関係がないのです、、、
いや〜、信じられないですし、そんなことを言われても腹が立つだけでしょうね。「じゃあ、今まで私が努力してきたことは一体なんだったんだ!」と思うでしょう。その気持ちはよくわかります。私も子育てではありませんが、別の分野で同じような経験をしましたから。でもこれは、「そんなしんどい努力はもうしなくていいんですよ。」というハッピーなお知らせなのです。想像してみてくださいよ。あなたが今までやってきた努力を続けて続けて、15年も20年も続けた挙句、性犯罪で逮捕されるような子どもになってしまったらどうですか?そっちの方が最悪でしょう?

「あなたが子どもをどう育てるかどうかは、子どもの幸せには一切関係ない」もっと言うと、「あなたが何をするかと、どんな結果が出るかは一切関係ない」のです。
これこそがあなたが子育てに悩む原因であり、あなたを子育ての苦しみから救い、あなたや子どもを幸せにする原因でもあるのです。

まずは、これがあなたを苦しめる理由からお話しします。
育児書や育児カウンセラーは、その人が「正解」だと思ってることをあなたに伝えます。しかし、何をするかとどんな結果が出るかは一切関係がないのです。あることはうまくいくかもしれませんが、あることは上手くいきません。言われた通りにやってるのに、、、あなたは混乱します。いくら育児書を読んでも、他の育児カウンセラーに聞いてみてもうまくいったりいかなかったりを繰り返します。
そうこうしているうちにあなたは「なぜ他の人はうまくいくのに、私だけうまくいかないのかしら、、、私のどこがおかしいのかしら、、、」とうまくいかない原因探しを始めるでしょう。そして、どんどん上手くいかなくなってしまうのです。

じゃあ、結果を左右するのは一体なんでしょう?
それは、あなたが設定している「前提」もしくは「決定」です。

あなたが、「私の子供は幸せだ」とか「幸せな子供を持つ幸せな私」という前提に設定する、もしくはそうだと決めれば、あなたが何をしようが言おうが、どうやってもあなたのお子さんは幸せになります。ただ、それだけのことです。

手塩にかけて育てたのに、引きこもりのニートになる子供は、母親が「私がこの子を幸せにしないといけない」と思っているので、「この子は幸せじゃない」が前提になっています。だから、どうやっても幸せにはならないのです。

一方、ヤンキーに育てられたのに成功している子供は、母親の前提は「この子は幸せだから何もする必要はない」になってたんでしょう。だから、何もせず放っておいても勝手に子供は幸せになっていったということです。

じゃあ、子供を幸せにするために育児本や育児カウンセラーなどに聞いて、子育ての正解探しをしているあなたの前提はどうなっているでしょうか?

これは文章に答えがありますね。「子供を幸せにするために」とあるので、今子供は幸せじゃないということです。幸せじゃないから幸せにする必要がある、そのために私はあれこれやらなければいけないとなっているわけです。前提が「幸せじゃない」なので、その前提が変わらない限りはずっと幸せじゃない状態が続きます。

じゃあ、あれやこれや色々実践して子供が幸せになったケースはどうなんでしょう?それは、あれこれ母子ともに努力を重ねてきたから、「もう幸せになってもいいだろう。」と前提を「幸せ」に変えたからです。前提を変えることを納得する、自分に許可を出すために、幼稚園や小学校から受験戦争したり、大金を払ってしょうもない幼児教育などを受けさせ続けてただけの話です。

この前提ですが、そんなことをしなくても変えられます。たった今、あなたが「私の子供は幸せ」「幸せな子供を持つ幸せな私」と決めるだけです。以上。終わりです。もうそう決めた時点でそうなっています。そして、それを取り下げなければその通りになります。

そんなことは信じられないでしょう。でも、もしそうだとしたら、もう子育てのことであれこれ思い悩むことはなくなると思いませんか?あなたが何をしてもしなくても、子供は幸せなら、あなたはあなたがやりたいことをやって、伸び伸びと暮らせるんじゃないですか?そうであれば、こんなに望むことはないのではないですか??

あなたの言動で結果が変わってしまう、結果に影響を与えてしまうと思っているから、あなたはできるだけいい結果を得るために言動に細心の注意を払うことになってしまいます。そのために、あなたが本当にやりたいことや本音を封じ込めることになってストレスを抱えることになります。にも関わらず、うまくいかないことがあるので怒りを覚えることになります。でも、怒ることは良くないとされているので、それもできません。あなたは逃げ場がなくなってしまいます。しかし、あなたの言動は結果に影響を与えることはないのです。あなたは結果から自由になれます。あなたの決定=結果なのです。まぁ、子育てに限った話ではありませんがね。

さて、次は「あなたの決定=結果」という訳の分からない理論について、なぜそうなるのかを説明していきます。説明を知ったところで、効果は上がらないですけどね。あなたは電気がどんな風に流れてるかを知らないですよね?私も知りません。でも、エアコンをつけたり照明をつけたり、電気を使えています。そして、電気がどんな風に流れているのかを知ったところで、エアコンの効きが良くなったり、照明がより明るくなったりはしませんね。それと同じことです。

なので、早速あなたの前提を書き換えてみてください。「私の子供は幸せだ」「幸せな子どもを持つ幸せな私」と決めるだけです。決めたらそれを持ち続けてくださいね。それで納得できたら、もう続きは読まなくても大丈夫です。
でも、せっかくお金を払ったし、、、という場合は続きを読んで頭も納得させてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。